LINEで質問&予約↓

友だち追加

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

髪をアッシュにしたい。そう思って美容室に写真を持っていった時、「これはダブルカラーじゃないとダメだね」と言われたことはありますか?そもそもダブルカラーとは?ブリーチとは何がちがうの?ダブルカラーのメリット、デメリットからお値段、時間の相場を大公開!!

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

 

 

ダブルカラーとは?

 

ダブルカラーとは何なのでしょうか?

ダブルというようにヘアカラーの工程を二回続けて行う手法です。

 

 

よくあるやり方としては一度目のヘアカラーでブリーチを使い髪のメラニン色素を取り除き、髪を明るくしていきます。その後二回目のヘアカラーで希望の色を入れる事により、一度のヘアカラーだけでは表現出来ない色味や鮮やかさを出し、イメージに近い髪色にする事ができます。

外国人のような明るく透明感のあるやわらかい色に仕上げたり、流行りのアッシュやグレージュといったようなヘアカラーをする時に活躍します。

特に赤味を多く含んだ日本人の髪は、一度髪のを明るくしないと赤味が邪魔して透明感のあるヘアカラーやアッシュ系のカラーが作りにくいです。

なのでより赤味を消したい、透明感のある柔らかい髪色にしたい、「アッシュなどの寒色系のヘアカラーを綺麗に見せたい」という方はダブルカラーをオススメします。

 

ヘアカラーとダブルカラーの違いは??

 

 

メラニン色素を取り除き色味を入れていくという部分ではどちらも同じです。

ただ普通のヘアカラーだと髪を明るくするのに限界があります。

髪のメラニン色素を取り除き明るくする方が色は綺麗に発色しますが、それだと色味が薄くなりあまり色が分かりません。

逆に色味を濃くすればするほど髪を明るくする力は減っていき、メラニン色素を取りきれなくなってしまいます。

鮮やかなアッシュ系のカラーなどにしたい場合は、その問題を解決する為に、髪のメラニン色素を取り除く工程と色味を入れる工程を分けたものがダブルカラーになります。

一度目でしっかりとメラニン色素を取り除いたうえで、しっかりと色味を入れる。そうする事で透明感のあるカラーや鮮やかななアッシュ系のカラーを可能にします。

 

ダブルカラーをせずに赤味のない色やアッシュは出来ますか?

 

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

 

では、よく雑誌で見かけるアッシュ系のカラーや外国人風カラーというようなものは全てダブルカラーが必要なのでしょうか??

それはその人の髪質や求める仕上がりによって大きく作用されるのでハッキリとは言えませんが、場合によってはダブルカラーをしなくても表現できるかもしれません。

ただ単に「赤味を抑えたヘアカラーをしたい」というのであれば、その反対の補色である緑味のあるヘアカラーをして赤味を消していきます。

 

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

 

また綺麗なアッシュ系のカラーをしていきたいという方であれば、それが一度のヘアカラーで難しそうな場合、1ヶ月~1.5ヶ月程の短いスパンで繰り返しヘアカラーで色を重ねていく事で表現できる場合もあります。

メラニン色素を取り除きながら色味を入れていくのを繰り返す事で徐々にメラニン色素が少なくなり色味も濃くなっていくイメージです。

短いスパンにしないと根元が伸びてくるのであまり期間が空き過ぎると根元と毛先の色の差が出来てしまう為です。

これらは髪質や仕上がりの希望などで変わってきますので担当のスタイリストさんとよく話し合ってみて下さい。

 

ダブルカラーのメリットデメリット

 

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

 

ダブルカラーをするうえで、メリットやデメリットも知っておいた方が良いでしょう。

自分が希望するヘアカラーにはダブルカラーが必要なのか?そこまではしなくても良いのか?

メリットやデメリットを考えながら決めてみて下さい。

 

ダブルカラーのメリット

 

ブリーチカラーとヘアカラーの違いは!?髪色を綺麗に見せるためにはブリーチが必要??

 

ダブルカラーのメリットとしては、カラーの幅が広がる事です。

一度目で髪のメラニン色素を抜けば抜く程に、色は鮮やかさを増して普通では表現出来ないような色味を出す事ができます。

ビビットな原色に近い色や、柔らかな透明感のあるカラーなどは、やはりダブルカラーで一度メラニン色素を抜く必要があるかと思います。

また雰囲気も一気に変わるのでイメチェンしたい時にはオススメです。

 

ダブルカラーのデメリット

 

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

 

ダブルカラーのデメリットとしては一番に時間でしょうか。

単純にカラーを二回行うので普通よりも時間が掛かってしまいます。

またダメージも気になるところですが、これは一度目でどんなカラー剤を使うかによって大きく変わります。

ブリーチなどでしっかりと色を抜く場合はやはり髪の負担も大きくなり色も抜けやすくなってしまいます。しかしブリーチを使わない方法でいけば、単純にヘアカラーを二度行ったというだけなので髪の負担はかなり変わってきます。

その代わりにブリーチを使った時ほどの透明感や色味は出にくいと思ってもらった方が良いです。

どちらも一長一短なのでスタイリストさんと話し合ってみて下さい。

 

人気のアッシュ系カラーがしたい!そんな時はダブルカラー?

 

パーソナルカラー診断!夏タイプ(サマー)のおすすめハイライトカラーを実際にやってみた

 

ヘアカラーで一番の人気といえば、やはりアッシュ系などの寒色系のヘアカラーでしょうか?

少しくすんだ色に柔らかな透明感のあるグレイッシュなカラー。外国人のような雰囲気が出て幅広く人気です。

でもこのアッシュの色を表現するのが意外と難しいのです。元々日本人の髪は黒髪です。アッシュなどのカラーはくすんでいて、グレイッシュな暗い色、黒髪に色をのせてもなかなか色味は分かりません。

画用紙に色をのせる時を思い出してみて下さい。黒い画用紙に色をのせてもあまり色味は感じられません。画用紙を白に近づけていけばいくほど色味は鮮やかになり分かりやすくなります。

 

ブリーチカラーとヘアカラーの違いは!?髪色を綺麗に見せるためにはブリーチが必要??

 

綺麗なアッシュを出そうと思うとこのベースの黒髪を出来るだけ白に近づけた方が色味を感じやすくなるわけです。

その時、ダブルカラーで一度メラニン色素を取り除き黒をなくす事が必要になってきます。

それを一日で希望のアッシュにしようと思えばダブルカラーの方が良いでしょう。

しかしそれを長いスパンで完成させていこうと言うのであれば、希望の仕上がりにもよりますが、一度のヘアカラーを1ヶ月おきほどで重ねていく事でもアッシュ系のカラーにしていく事も可能です。

 

ダブルカラーにかかる時間や料金は?

 

 

パーソナルカラー診断!春タイプ(スプリング)のおすすめハイライトカラーをご紹介

 

では実際にダブルカラーをする事になった場合、一体時間や料金はどれくらいかかるのでしょうか?

事前に担当のスタイリストさんに聞くのが一番ですが、全国平均をみてみましょう。

 

ダブルカラーにかかる時間は?

 

パーソナルカラー診断!冬タイプ(ウィンター)似あわせオススメ髪色はこれだ!!!

 

一般的にヘアカラーを一度するのにかかる時間はお店にやりますが大体1時間程です。それを二回行うので単純計算で約2時間くらいになります。

そこにカットやトリートメントなどがプラスされれば大体平均で2時間半~3時半くらいになります。

これは全体を2回フルでダブルカラーする場合で、毛先だけなどのグラデーションでダブルカラーをする場合などはもう少し早くなる場合があります。

また、「ダブルカラーをしたいけどあまり時間がない!」という方であれば一度目のカラーで色を抜いた後、そのままシャンプー台で色を入れていくという方法もあります。

これだと30分~1時間は時間が短縮出来るかと思います。ただこの場合は普通にダブルカラーをするよりも色持ちが悪くなる場合があるのでよくスタイリストさんと相談してみて下さい。

 

ダブルカラーにかかる料金は?

 

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

 

カラーの料金は安いお店では¥3000から高いお店では¥10000以上するところもあり、お店によりかなり違いがあります。

ちなみに平均価格や相場は¥5000~¥8000前後が多いようです。

そこにカットを合わせると¥8000~¥10000前後くらいが相場になります。

ダブルカラーはそこにカラー料金がもう一つプラスされるイメージでおよそ¥10000~¥16000前後が平均価格になるかと思います。

カットも込みであれば¥13000~¥20000前後が相場になります。

  • ヘアカラー のみ平均価格¥5,000〜¥8,000
  • ヘアカラー +カット平均価格¥8,000〜10,000
  • ダブルカラーのみ平均価格¥10,000〜16,000
  • ダブルカラー+カット平均価格¥13,000〜20,000

ただこれはあくまでも目安でお店によっては、ダブルカラーのセット料金で普通のヘアカラーを2回するよりも安く設定されている所もあったり、値段の提示がされていないお店もあるのでその場合は一度スタイリストさんに聞いてみた方が良いです。

 

ダブルカラーとは?ブリーチカラーとの違いは?髪をアッシュにしたい人必見!!

 

また新規クーポンや初回割引などで相場より安く済ませることも出来る場合があります。ただダブルカラーなどはデリケートな施術になってくるので、普段行きつけのお店があるのであれば、担当のスタイリストさんにやってもらう方が良いかとかと思います。

なぜなら今までの履歴をしっかりと把握しているのでイレギュラーなミスもなくなり、今後の方向性なども立てやすいのでクオリティは高くなるでしょう。

中にはダブルカラーなどヘアカラーが得意なスタイリストさんも沢山いますので一概にはいえませんがブリーチなどを使用する場合はよく調べてみた方が良いでしょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?希望のヘアカラーをする時、果たしてそれは一度のヘアカラーで出来るのか?またはダブルカラーで一度色を抜かなければならないのか?

担当のスタイリストさんとよく相談してダブルカラーのメリット、デメリットをよく理解した上で素敵なヘアカラーを楽しんでみて下さい。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA