LINEで質問&予約↓

友だち追加

ハイライトカラー色落ちはやはり早いのか?その原因から解決策まで全公開

今回はハイライトカラーの色落ち問題について。明るめのハイライトカラーやはり色持ちがすこぶる悪いとよく言われますが当店ではそんな事ありません。色落ちするには原因があります。なのでその解決策まで記載しておりますのでハイライトカラーしているから方は必見です。

 

 

ハイライトカラーが色落ちする理由とは?

ハイライトカラーが色落ちする理由でまずは一番大きな理由、それはなんとしっかりカラー剤成分が流しきれていない。っと言う事が一番の理由になります。

それはハイライトカラーを施術した時の美容室でのお流しに問題があります。

ヘアカラー剤の構成はと言うと…

1剤

  • アルカリ剤
  • 染料
  • 界面活性剤

2剤

  • 過酸化水素

これらを混ぜ合わせてカラーの発色を行います。この中で非常に髪の毛に残ると悪いものがあります。

それはアルカリ剤&過酸化水素です。

その他の染料は特に悪いものではありませんがアレルギーを起こす可能性があるのは染料ですね。

界面活性剤はシャンプーにも使われているもので悪い物質ではありませんね。

髪の毛に浸透させる役目があるためカラー剤の中に入っています。

では何故アルカリ剤&過酸化水素がそんなに髪の毛に悪いのか?っと言うとアルカリ剤は髪の毛を膨潤し、髪の毛のキューティクルを開け浸透させる能力があります。

過酸化水素はというと酸素を発生させて染料を酸化させていきます。

こうする事で色の発色が行われるという事ですね。

しかし過酸化水素はアルカリ剤に触れてアルカリ性になるとブリーチ力を持ちます。

ブリーチ力とは髪の毛のメラニン色素を脱色する力ですね。

このブリーチ力はヘアカラー剤を塗っている時はかなり必要になってくる力ですね。

ヘアカラー一本で脱染&色の定着を行なってくれます。自分で毛染めした事ある方ならわかるかも知れませんがカラー剤を塗布した時に初めは若干明るくなりそこから放置時間を置くごとに色が入っていきますね。

ヘアカラーは初めは既存の色素を脱染しそこから色素を定着させていきます。

なので過酸化水素をアルカリ性にふってあげてブリーチ力を持たせる事はヘアカラーする上では必要不可欠と言えるでしょう。

しかしヘアカラーをする時は必要不可欠なのですがヘアカラーを終えてからは必要ありませんね。それなのにアルカリ剤、過酸化水素は髪の毛の中に残ってしまいます。

この残留は大体二週間くらいは残ります。染めたての頃からドンドン減少はしていくのですが二週間は残っているものです。

なので染めたてから3日~1週間が一番ヘアカラーの退色が早くないでしょうか?

私も昔は染めてから1週間程で色が抜けてご希望の明るさになりますので~なんてお客様に話していましたがそれは大きな間違いでした。

ヘアカラーのお色が退色しているわけではなくてアルカリ剤、過酸化水素が残る事により毛髪内部に終わったはずのヘアカラーがもう一度ブリーチされ続けているという事です。

だから退色したのではなく。残留される事で自動的に脱染しているという事ですね。

かなり怖い真実です。

知らないではすまされません。

そしてハイライトカラーになれば、なるほどアルカリ剤、過酸化水素の強さは強いものを選びます。

なので残留するものも強い=ヘアカラー終わってからも自動脱染し続ける。

という方式が出来上がります。

これがハイライトカラーが一番色落ちする理由です。

そして上記にも述べましたがハイライトカラーになれば、なるほどアルカリ剤、過酸化水素の強い薬剤になります。

なので染料は基本的に少なめになってきますのでただでさえ染料が少ないヘアカラーだからこそ無駄な成分の残留が命取りになるという事です。

染料が少ないというのも色落ちする理由にはなりますけどね。

ハイライトカラー色落ちを防ぐには?

恐ろしい真実が発覚しましたね。

ハイライトカラーしてくれている美容室での薬剤残留のせいで色落ちしているなんて…

でもアルカリ剤&過酸化水素は普通に洗っただけでは流れ落ちません。

普通に洗って流れ落ちるには二週間はかかります。その二週間自動脱染し続けるなんて色がハゲるに決まっていますよね。

後脱染し続けるという事は色落ちもしますがヘアダメージも二週間ずっと続いているという事なので気をつけてください。

ではどうやって色落ちを防ぐのか?っと言いますとそれらの薬剤をしっかり取ってあげればいいだけの話しです。

ヘアカラーのデトックス作業という事ですね。

ちゃんと取り除く事が出来る薬剤が世の中にはありますからご安心ください。

ただ少し高価な物になりますのでヘアカラーとは別メニューになっているか元々含まれているのならば中々いいお値段のヘアカラー料金になっている事でしょう。

アルカリ剤には弱酸性のお薬をたっぷりと塗布します。これでアルカリ性に傾いた髪の毛は中和され元の状態に戻ります。

過酸化水素はヘマチンという薬剤で過酸化水素を水に還元して洗い流していきます。

これであなたの髪の毛はハイライトカラーをしてもすぐには色落ちしません。

しかし上記にも記載しましたが元々が染料の薄いカラーがハイライトカラーなので自然退色はしていきます。しかし1ヶ月程はもつと考えていいのではないでしょうか?

又そのデトックス作業をしている時としていない時で比べるのが一番わかりやすく理解できるでしょう。

デトックス作業をしている時としていない時とで比べるのが一番正確な結果だと思います。

その研究を重ねた結果、明らかにデトックス作業をしている時としていない時とでは運伝の差がありますのでご注意くださいね。

そして色持ちさせるためにわざと暗めにヘアカラーしときましょう。っというのは色落ちしてこないわけではないという事です。

色落ちするから色を濃く入れておく。これも一つ方法かもしれませんが今回はハイライトカラーなので矛盾してきますので外しておきますね。

ハイライトカラー色落ちした後はどうすればいいのか?

ハイライトカラーは薬剤をちゃんとデトックスしてあげれば色持ちする事がわかりました。しかしそれでも持って1ヶ月。

ハイライトカラーで1ヶ月持つというのはすごい事なんですけどそれでもやはり自然退色は免れません。

ではハイライトカラーが色落ちした後はどうすればよいのか?

それは早めにヘアカラーする事をお勧めします。髪の毛の中には元々メラニン色素というものがあります。日本人の髪の毛を黒く見せてくれている色素の事ですね。

ヘアカラーはこの既存のメラニン色素を破壊して新しく人口の色素を髪の毛の中で発色されているだけなので色が抜けてしまったという事は髪の毛の中に色素がなくなったという事になります。

(完全になくなるわけではありません。完全になくなれば白になります。)

髪の毛の中から色素が減少するとやはり中身が今までよりなくなるのでハリコシがなかったりバサバサに乾燥したりしますので早めにヘアカラーする事をオススメします。

又最近ではカラーシャンプーなども発売されておりますのでこちらのシャンプーで色素を注入していく。というのもいいかと思います。ちゃんと薬剤デトックスされた髪の毛にさらにカラーシャンプーなどをしてあげるとかなりの色持ちが期待されますね。

カラー用シャンプー_スロウカラーシャンプー
出展:http://www.demi.nicca.co.jp/products/flowdia/index.html

色が抜けたからでもカラーシャンプーはいいと思うので色が抜けてから一週間以内に美容室に行けない方はカラーシャンプーで耐えるのもありでしょう。

それでも少しの間耐える程のものなのでなるべく早く美容室にてヘアカラーする事をオススメします。

次回も使えるハイライトカラー使い回し術

髪質改善

抜けてしまったハイライトカラー実は使い回しできるんです。

ハイライトカラーはメッシュ上に入れている方もいればベースカラーがすでにハイライトカラーな方と様々。
ハイライトカラーの事をまずは詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ハイライトカラーとは何?人気のハイライトカラーを徹底解説

しかし色抜けした後は染めたてのハイライトカラーより全然明るいですよね?

なのでハイライトカラーを施術した次回では少し弱めの薬剤で染料を入れる事をメインとした薬剤レシピでハイライトカラーを作る事が可能です。

かなり使い回しできそうですね。

大体私の主観では1ヶ月で染め直すと仮定してこれは3ヶ月、3回までなんとか可能です。

(3回目はやはり人それぞれマチマチです。気になる方は2回目でもう一度ハイライトカラーをしましょう。)

しかし何故可能、不可能があるかというと、一度ハイライトカラーをした毛髪はもちろんいずれは明るく退色します。

なので染料を入れるレシピで対応可能なのですが新しく生えてくる新生毛の部分は3ヶ月も経てば相当長く成長しております。

少しグラデーションをつけながらヘアカラーして行くことも可能ですがそれでも3ヶ月も経てばかなり厳しく思うのでハイライトカラー根元だけ3ヶ月に一回はもう一度施術する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

ハイライトカラー色落ちはやはり早いのか?その原因から解決策まで全公開

色落ちする原因はまさかの美容室での薬剤の残留でした。これはまだまだ知られていない事であり知っていても手をつけてないサロンも多くあります。(デトックスの薬剤が高価だから。)

しかし色落ちするだけでなく残留している期間ずっとヘアダメージしっぱなしというのは皆様どうでしょうか?

  • A店 デトックスしてくれるサロンで一年間ヘアカラーをした場合。
  • B店 デトックスをしてくれないサロンで一年間ヘアカラーをした場合

とでは一年後あなたの髪の毛はびっくりするほど違いがでますよ。

もぅボロボロだと言っても過言ではありません。

現にヘアカラーブームの現代では髪の毛がパサパサの方は多く見られます。

それどころか髪の毛がツヤツヤの方を見かける方が少ない現代です。

あなたの髪の毛を守るのはあなた次第です。髪の毛の正しいケア方法を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。
自宅でも簡単にできるヘアケア方法とは?少しの意識で驚くほどの変化が!

まずは知ることから知ろうとする努力から始まりますのでしっかり知ってちゃんとしたあなたの理想に合う施術をされるところを探しましょう。

中にはヘアダメージより色持ちよりお値段が気になる!!っという方もおられると思います。なのであなたにあったサロン選びをしていきましょう。

 

こちらもおすすめ!ハイライトカラー動画↓

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA