LINEで質問&予約↓

友だち追加

パーソナルカラー診断!夏タイプ(サマー)の似合わせオススメメイクはこれだ!!

今回はパーソナルカラーの夏タイプ(サマー)さんと診断された方のメイク術について解説していきたいと思います。

今、夏タイプのメイクについて悩んでいる方はすごくわかりやすく解説しておりますので必見ですよ!

パーソナルカラー夏タイプのカラーイメージとは?

 

  • ペール
  • 優しい
  • 穏やか
  • 女らしい
  • 柔らかい
  • 気品のある
  • エレガント
  • 優雅な
  • 涼しげな

 

というように夏タイプのカラーイメージを総評で

説明するのなら清楚で気品のある女性といったところですね。

そういったイメージを持ってメイクにも落とし込んでいきましょう。

夏タイプの肌質とは?

 

夏タイプの肌質はブルーベースのナチュラル~ピンクベージュの肌色をしており

トーンは明るめのマットでパウダリーなキメの細かい肌質をしている方が多く見られます。

そして肌には繊細さも感じられ日焼けなどもあまりせず頬はチークをつけなくても赤みがでるほど血色感があります。

 

夏タイプが似合うメイクの色味とは?

 

夏タイプが似合うメイクの色味は

このような青みをベースとしたパステル系のお色です。

 

全体的にに見ていくと絵の具をだしたままの原色の色味に少し白をまぜたようなくすんだ淡い色味が多いですね。

そしてこういったお色は彩度が低く、くすんだ色味なので一見地味に見られがちなのですが

夏タイプの方は逆にこういった淡いお色を身につける事によってお顔が綺麗に映え

夏タイプのイメージにもある上品さ、エレガントさという印象に繋がるのです。

 

しかしこのような色味のメイク道具はあまり見かけませんね。

そこで少しオススメのパーソナルカラーに特化したメイク道具をご紹介します。

 

パーソナルカラーに特化したメイク道具とは?

当店ではで世界初のオーガニックメイクブランドクルールキャラメルの商材を使用しています。

クルールキャラメルのメイク商材はオーガニック認証団体の世界基準といわれる「ECOCERT」

フランスのオーガニックコスメの基準である「COSMETIQUE BIO」の認証をうけた↓↓



メイクアップブランドなので使えば使うほどお肌も綺麗になっていきます。

なによりパーソナルカラーにも特化しているので色物などの色の種類もたくさんあり

パーソナルカラー診断を受けた方にはより楽しんで使って頂ける商品です。

 

夏タイプが似合うファンデーションの色味とは?

夏タイプの方が持つイメージは上記でも書いたように女性らしい、清楚、気品のある

というような柔らかく穏やかな印象を持っている方が多く見られますので

その印象を活かすためにもキメを細かくしマットな肌質にする事が大切です。

 

なのでベースメイクなどでツヤを出しすぎないように注意していきましょう。

 

色味でいうと

  • ピンクオークル

 

  • オークル

 

  • ピンクベージュ

 

  • ナチュラルベージュ

 

  • ウォームベージュ

 

  • ライトベージュ

 

  • ヘルシーオークル

 

  • ポーセリン

クルールキャラメルの化粧品で説明すると↓

 

  • クルールキャラメル セラムフォンデュタン21 ボーセリン

  • クルールキャラメル セラムフォンデュタン22 ローズベージュ

 

メーカーによっても名称は異なるのですがベージュやオークルと単体で書いているものはイエローベースのものが多く

ピンクと入っているものは比較的青みが入ったブルーベースのものが多いかと思います。

(ピンクオークルやピンクベージュなど)

 

そうして見ていくと夏タイプの方の肌質は黄みが少なくトーンは明るめで血色感があり、

頬などにも赤みがある方が多く見られますので

上記の中でも一番血色がよく見え、明るい自然なお肌を作る事ができる

ピンクオークルがよく馴染みます。

仕上げにパールの入ったパウダー(お粉)などを薄く重ねると夏タイプのマットな質感によりマッチして上品さが増して見えるのでオススメですよ。

 

そして先程からでてくるオークルというのは黄土色の事を指しており赤みと黄みの中間色になります。

なのでお肌の赤みと黄みが程よい方オークル選んで頂いて

特に夏タイプの肌はブルーベースなのでヘルシーオークルのような

黄みの少ないものを選んで頂くとよりお肌に馴染みやすいかと思います。

(黄みが強いイエローオークルなどはイエローベースのもので

ブルーベースの肌には厚塗りをしているように見えてしまうのでNG)

 

ですが一つ注意点もございまして夏タイプの方は青みが入った

ピンクベージュの肌質をしている方が多いのですが

希に、夏タイプのブルーベースと診断されても黄色人種な日本人に特有の

ベージュ系の肌や黄みが強い肌の方もいらっしゃいます。

そういった方は黄みが強いからといってイエローベースの色をあててしまうと

より顔が黄ばんで見えてしまい逆にブルーベースの色味の方が

スッキリと綺麗な肌質に見えるというケースもあります。

そういった点でも夏タイプの肌色は幅広いのでファンデーションなどは特に

一度、お肌につけてご自分のお肌に馴染むものを選んでいきましょう。

 

選ぶコツでいうと

まずお顔と首の境目の顎先のラインにファンデーションをのせて

一度鏡から離れてお顔を見てみてください。

そうして見るとご自分の肌色に馴染んでいない場合は

ファンデーションをつけた部分が浮いて見え、

合っていないという事になります。

なのでそういった点を注意して選んでくださいね。

より詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください↓↓

 

夏タイプが似合う眉(アイブロウ)の色味とは?

眉の色味は瞳の色や髪の色に合わせると全体的な印象がマッチしますよ。

 

例えば夏タイプの瞳の色は赤茶色、紅茶色、ソフトな黒ソフトグレーがかった茶色(ソフトブラウンとも表現する。)

の方が多く見られ

(夏タイプの目の色についてもっと詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧下さい↓)

似合うヘアカラーの色味も6~10レベルまでの

アッシュ、ブルー、グレイ、バイオレット、ピンク、レッドバイオレットなど

(夏タイプに似合う髪色についてもっと詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧下さい↓)

 

といったように瞳の色も髪の色も夏タイプは全体的に低明度~中明度の赤みの入ったブルーベースですね。

 

そうなるの眉の色も上記に合わせていく方が統一感もでますし夏タイプの気品のある柔らかいイメージとマッチしていきます。

 

色味でいうと

 

  • ナチュラルブラウン

 

  • ココアブラウン

 

  • ピンクブラウン

 

  • アッシュグレー

 

クルールキャラメルの化粧品で説明すると↓

 

  • クルールキャラメル アイブロウキット29 ブルネット

  • クルールキャラメル アイブロウペンシル121 ライトブラウン

  • クルールキャラメル アイブロウペンシル122  ブロンド

など濃い赤みが入ったブラウン

瞳の色がグレーがかっている方もいらっしゃるので

アッシュグレーなどグレーが入った色味などもよく馴染みますよ。

 

そして眉毛を強く書きすぎないのもポイント

眉の存在感が強すぎると夏タイプの穏やかで気品のあるといった雰囲気に合わなくなってしまうので

できるだけ目の印象より強くならないように注意しましょう。

 

上品なお顔立ちを意識するのであれば少しシャープなアイブロウにすると良いですよ

 

夏タイプが似合うアイメイクとは?

アイメイクは瞳の一番近くになるのでご自分の瞳の色と合わせて

そして夏タイプの「気品のある」といったイメージもふまえて選んでいきましょう。

では具体的なアイメイクとはどんなものなのか?

項目を記載しておきます。

  • アイシャドウの色味

 

  • アイラインの色味

 

  • マスカラの色味

といった感じです。

では解説していきたいと思います。

 

アイシャドウの色味は?

 

夏タイプの瞳の色は赤みを感じるブラウン系やグレーがかった柔らかい黒の方が多く見られますので

アイシャドウの色も青みが入ったうすく柔らかい色が良いでしょう。

 

色味でいうと

 

  • パウダーピンク

 

  • ローズベージュ

 

  • ココアブラウン

 

  • ラベンダー

 

  • パウダーブルー

 

  • パープル

 

  • グレー

 

  • グレーブラウン

といったように全体的に青みのある涼しげで柔らかいパステル調のお色です。

 

クルールキャラメルの化粧品で説明すると↓

 

  • クルールキャラメル アイシャドウ16 パールピンク

  • クルールキャラメル アイシャドウ41  パールモーブ

  • クルールキャラメル アイシャドウ48  パールバイオレット

  • クルールキャラメル アイシャドウ57  パールゴールデンサンド

  • クルールキャラメル アイシャドウ59  パールディープオレンジ

  • クルールキャラメル アイシャドウ101  ロリータ

  • クルールキャラメル アイシャドウ106  ティアラ

  • クルールキャラメル アイシャドウ104  ボラボラ

  • クルールキャラメル アイシャドウ102  ヌビアン

夏タイプの方は普段アイメイクをされる際に色数をあまり多くしない方が良いです。

なので(クルールキャラメル アイシャドウ41 パールモーブ)のような薄い色と

 

(クルールキャラメル アイシャドウ48 パールバイオレット)のような濃い色の

 

明度が異なる同色でグラデーションをして使って頂くのも良いですし

 

グレー系の薄いお色をアイホールにのせていき先程の

(クルールキャラメル アイシャドウ48 パールバイオレット)のような濃い色を目の際にのせて

そのまま薄くグラデーションをしてあげるという使い方も目元に奥行きがでて美しさが際立つのでオススメですよ。

 

そしてアイシャドウに入っているラメを粒子の大きいゴールドのキラキラしたものを使用してしまうと

ブルーベースの夏タイプのお顔には馴染みにくく 目元だけ浮いて見えてしまうので

ラメが入っていたとしても粒子の小さいシルバーのもので質感などもマットなものを選んで頂くと

夏タイプのマットなお肌にもより馴染みますのでアイシャドウを選ぶ際はそういった点も注意して見てもらえると良いかと思います。

 

アイラインの色味は?

 

こちらも先程と同様で夏タイプの瞳の色は赤みが入ったブラウンやグレーがかった柔らかい黒色なので

アイラインを黄みが入ったブラウンや真っ黒のもの付けてしまうと

目の印象がきつく見えたりぼやけてしまうのでお気をつけくださいね。

 

なので夏タイプの方は

 

  • グレー

 

  • プラム

 

  • ブルー

 

  • 赤みのブラウン

 

色味をつけましょう。

 

クルールキャラメルの化粧品で説明すると↓

 

  • クルールキャラメル アイライナー02 プラム

  • クルールキャラメル アイライナー04 ブルーグレー

  • クルールキャラメル 2WAYペンシル104 パープル

  • クルールキャラメル アイペンシル103 ブルー

  • クルールキャラメル アイペンシル118 ダークグレー

黒をつけた方が目の印象がハッキリするとおっしゃる方が多くおられますがそれは違います。
やはりこちらもお肌や瞳の色に合ったものをつけた方が目の印象ははっきりとします

 

さらに夏タイプの方は優しい目元が魅力的なのでどちらかというとアイライナーより

ペンシルのものを使って頂くと優しいラインが書けるのでオススメです。

 

そして上品さをアップさせたい場合は上記の色味の中でも

プラムのようなパープルが入った赤みブラウン使って頂くと良いかと思います。

 

マスカラの色味は?

 

マスカラの色味もアイシャドウやアイラインなどと統一感をだすために

 

  • ブルー

 

  • プラム

 

  • 赤みのブラウン

 

を選んでくださいね。

 

クルールキャラメルの化粧品で説明すると↓

 

  • クルールキャラメル マスカラ72 プラム

  • クルールキャラメル マスカラ74 ブルー

マスカラを選ぶ際は繊維入のボリュームアップするものは避けましょう。

夏タイプの方は上品なイメージがありメイクもナチュラルメイクがお似合いになるので

まつ毛が束になるようなマスカラを付けてしまうとメイクが濃くなりイメージと合わなくなってしまいます。

なのでつけ心地の軽いマスカラを選んで頂く事をオススメします。

 

夏タイプが似合うチークの色味とは?

夏タイプのチークの色味は青みのある淡く柔らかいピンクが入ったが良いでしょう。

 

色味でいうと

 

  • モーヴピンク

 

  • ローズピンク

 

  • ベビーピンク

 

  • パステルピンク

 

クルールキャラメルの化粧品で説明すると↓

 

  • クルールキャラメル チーク52 ピンク

といったように全体的に青みが入ったものがお肌とよく馴染みます。

なのでオレンジが入ったようなチークはブルーベースのお肌には馴染みにくく

お顔がくすんでしまうのでお気をつけくださいね。

 

そして夏タイプの肌質は血色がよくチークを付けていなくても頬がピンクがかっている方が多くみられますので

パステルピンベビーピンクなどの淡いピンクを

頬全体に付けて頂くと自然な血色によりマッチし普段使いにも良いです

逆に大人っぽさを演出したい時などはモーヴピンクローズピンクの深みのある色を

頬にすっと軽めに付けて頂くのもオススメですよ。

 

その場に応じてなりたいイメージがあると思いますので使い分けて頂くと良いでしょう。

 

夏タイプが似合う口紅(ルージュ)の色味とは?

似合う色味でいうと

  • ベビーピンク

 

  • オーキッドピンク

 

  • ローズピンク

 

  • パールピンク

 

  • ラズベリーレッド

 

  • ストロベリー

 

クルールキャラメルの化粧品で説明すると↓

 

  • クルールキャラメル ルージュ234  ローズウッド

  • クルールキャラメル ルージュ257  アンシエントローズ

  • クルールキャラメル ルージュ244  マトリョーシカ

  • クルールキャラメル グロス812  ナチュールシャイン

のような全体的に青みが入ったピンク系のものが良いでしょう。

(オレンジみが入った色味はお肌とは馴染みにくく浮いて見えるのでNG)

 

そして夏タイプの方が似合う質感はファンデーションやアイシャドウでもそうでしたが

ツヤっとしてるものよりも色がつまったようなマットな質感の方が印象とマッチしますので

口紅もグロス系の艶やラメは控えめにして

ルージュでマットな質感にして上品な雰囲気を活かしていきましょう。

 

そしてより夏タイプの柔らかいイメージを引き出すには口紅をつける際に

唇の中心は濃い色を指でポンポンと淡くのせていき

唇の外側の縁にいくにつれて薄い色をグラデーションにしていくのもオススメです。

逆に唇をポイントにしたメイクや大人っぽさを演出したい時などは

上記の中でもストロベリーラズベリーレッドなどの

落ち着いた色味を使って頂くのも良いかと思います。

 

ですが口紅を買われる際にどれがいいか悩むという方や

買ってみたものの思っていたイメージと違うという方はたくさんいらっしゃると思います。

それはなぜかといいますと唇というのはお顔の中でも最も皮が薄い部分で

逆にいうと一番色味が濃い部分でもあるという事ですので

その部分に口紅を塗ってもそっくりそのまま見た色がのるわけではなく

唇の色に馴染んでいないとその色は浮いて見えてしまうので

違和感を感じてしまう原因になります。

なので口紅も購入される前に一度つけてもらいましょう。

そうすると見た目では「絶対似合わない」と思っていた色が案外似合ってしまうという事もありますよ。

 

口紅の塗り方など詳しい説明はこちらをご覧下さい↓↓

 

 

 

ルージュとグロスの違いは?

 

先程からお話にでてくる「ルージュ」「グロス」というワード。

どちらも口紅の一種ですが女性は「口紅」という事はわかるし聞いたこともあるけれど

よく考えると違いはよくわからないという方も少なくはないと思いますので説明させてもらいますね。


まず初めに「グロス」というものは艶、光沢を意味します。



先程も言っていた通り艶を出すために用いることが多いので

色味が少なく透明や半透明なものが多のが特徴で発色はあまりないという難点もございます。



次に「ルージュ」というものは今では口紅と全く同じ意味で用いられる事が多くなってきております。


こちらはグロスとは逆で発色が良いのと色味も豊富にあり質感的には艶感というよりも

マットな質感の物が多いのが特徴グロスより色持ちが良く落ちにくいです。



なのでルージュとグロス2本持っていると、

色味が欲しい時はルージュ

艶が欲しい時はグロス

どちらも欲しい時はルージュをつけてからグロス

というように使い分かれるので便利ですよ。

 

 

夏タイプが似合わない色味とは?

 

夏タイプが似合わない色味は黄みが強い色、鮮やかな色、暗い色といった特徴があります。

 

色味でいうと

 

  • マスタード

 

  • モスグリーン

 

  • スカーレッド

 

  • カーキ

夏タイプはブルーベースでパステル調の淡い色味がお似合いになるので

やはりその逆となるような色味はお肌には馴染みません。

 

なのでお顔周りにこのような色味をもってきてしまうと途端に

輪郭がぼやけたり不健康で弱々しく見えてしまうのでご注意ください。

もし少し夏タイプの色味から外れてしまうようなお洋服なのであれば

お顔周りのアクセサリーや小物(スカーフ、マフラー)などを夏タイプのお色にしてもらうとまだ周囲から見られる印象はそれほど悪くはないと思います。


ですができるだけお顔周りのお洋服は夏タイプのものをもってくるようにしましょうね。

 

同じブルーベースの冬タイプとの違いとは?

 

パーソナルカラーのブルーベースは

 

「夏タイプ サマー」

「冬タイプ ウィンター」

 

という二種類に分けられております

 

そしてこの二種類はブルーベースではありますが

同じだからといって夏タイプの方が冬タイプ、冬タイプの方が夏タイプの色味が似合うという訳ではありません。

というのもまず色味表を見てもらいましょう。

 

↓こちらが夏タイプの色味表

↓こちらが冬タイプの色味表

確かにどちらとも青みがが入った色味ですがまず明度も彩度も違っているのが明確ですよね。

(明度→色の明るさ)

(彩度→色の鮮やかさ)

 

明度、彩度で比べると

  • 夏タイプは青みが入った明度が高く彩度は低い色味
  • 冬タイプは青みが入った明度が低く彩度は高い色味

 

色味のイメージで比べると

  • 夏タイプはソフトで爽やかなくすみのある色味
  • 冬タイプはハードでハッキリとしていてキラキラした色味

 

 

それぞれが持つイメージで比べると

  • 夏タイプ(優しい)(穏やか)(気品のある)
  • 冬タイプ(豪華な)(可憐な)(ゴージャス)

 

といったように穏やかで柔らかい印象の夏タイプとキラキラしたゴージャスな印象の冬タイプ。

同じブルーベースでも真逆の印象なのがわかりますね。

 

例えば夏タイプの方がキラキラした鮮やかな 冬タイプの色味を身につけるとお顔がくすみ暗い印象になってしまいますし

逆に冬タイプ方がくすみのある淡い夏タイプの色味を身につけてしまうと不思議なことにこれもまた顔色がぼやけて老け込んでしまうので

「ブルーベース」という所まで診断されている方はより細かく診断される事をオススメします。

 

自分はブルーベースと診断されたのになぜか青みが入った色味が似合わないという方がいらっしゃるなら

もしかしたら夏タイプと冬タイプの色味をわからずに選んでしまっているからかもしれませんのでお気をつけくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

メイクはお洋服と違い見た色と付けた色が異なる事が多く実際にお店で選ぶ際難しく感じるかと思いますが

上記で書かせて頂いた色味を選ぶ時のポイントなどを一つ一つ気をつけて選んで頂ければ失敗する事はないかと思います。

又今回はパーソナルカラー診断!夏タイプ(サマー)の似合わせオススメメイクの色味についての記事ですので

夏タイプについて記載しておりますがその他の3シーズン(春・秋・冬)の各タイプ別にも記事にしておりますので是非必見です⬇︎⬇︎

 

 

 





そしてやはりメイクに関しては一度ご自分のお肌にのせて鏡越しにお顔全体を見て色味が馴染んでいるかを見る事が大切ですので

そういった点を気をつけて頂いて夏タイプの「穏やかで気品のある」というイメージを活かしてメイクを楽しみましょうね。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA