LINEで質問&予約↓

友だち追加

おすすめパーマ!スタイル別デジタルパーマからエアウェーブまでおすすめのパーマ方法をご紹介!!

最近ではデジタルパーマやエアウェーブ、クリープパーマなど沢山の種類のパーマが出てきました。

しかし、いざ自分がパーマをする時に果たしてどのパーマが良いのでしょうか?長さやスタイルによってもおすすめのパーマは変わってきます。

今回はどのようなパーマがあるのか?どのスタイルがどのパーマに合うのかご紹介していきます。

 

 

パーマにはどんな種類があるの?

 

 

一般的にパーマは1剤で髪の結合を切断し、ロッドに巻きつけて髪を曲げていきます。その後2剤で切れた結合を再結合させ定着させることで髪にカールをつけたりウェーブをつけていきます。

その工程の中で1剤をつけた後で髪を温めたり乾燥させたりする事でパーマの種類がかわります。

その工程には大きく分けて加温、湿熱、乾熱、乾燥があります。

 

加温は遠赤外線を使ったりして髪を温める工程です。

湿熱は温める工程にホットタオルやスチームなどで湿度を加えた工程です。

乾熱はデジタルパーマのようなロッド自体が発熱して髪を温めていくもので髪にダイレクトに熱が伝わります。

乾燥は髪を乾燥させる工程で髪の水分を無くしていく工程となります。

 

よく聞くクリープパーマなどは加温や湿熱を用いたパーマの方法になります。デジタルパーマなどは乾熱や乾燥、エアウェーブは加温や乾燥を用いたパーマ技法となります。

 

ではこの加温や湿熱、乾熱、乾燥を行うとどのような効果が出るのかというと、加温や湿熱は薬剤効果の促進とウェーブ形成効率アップになります。どういった事かというと、1剤の効果である髪の結合を切るという効果を促進させる力と、髪の栄養素であるタンパク質をロッドに巻きつけた形状に馴染ませていく事でウェーブ形成をよりしっかりとつけさせます。

加温よりも水分を含ませた湿熱の方がより効果的になります。

乾熱は髪に巻きつけたロッド自身が発熱する事で髪に直接熱を加えます。加温や湿熱よりも高温で直接髪に熱をあてていくのでよりしっかりとタンパク質をロッドの形に固定していきます。

乾燥とはロッドに巻きつけた髪を乾燥させる事で仕上がりの髪を乾かした時のウェーブをしっかりと出す事ができます。基本的にパーマは髪が濡れている時が一番ウェーブが出て、乾かすとウェーブが少し伸びてきます。しかし乾燥工程を入れる事で髪を乾かした時もウェーブが伸びにくくなりしっかりとパーマが出てくれます。

 

このようにパーマの種類の違いはパーマ工程に加温や湿熱、乾熱、乾燥といった一手間を加える事で仕上がりの違いや実感が変わってきます。

ではそれぞれのパーマの特徴とは何でしょうか?

 

 

それぞれのパーマの特徴

 

それぞれのパーマには特徴があり得意なスタイルも変わってきます。どんな特徴があって自分に合うのはどれか見てみて下さい。

今回は大きくクリープパーマ、デジタルパーマ、エアウェーブの3つの特徴を見てみましょう。

 

 

クリープパーマ

クリープパーマは主に加温湿熱を用いてパーマをあてていく技法です。

工程としては1剤をつけて放置したあと、一度流します。その後、遠赤外線で加温したり、スチームやホットタオルなどを使って保湿しながら加温していくものがあります。

特徴としてはショートスタイルなどにおすすめで少し柔らかさを出したり緩やかなパーマをあてる場合に適しています。またショートやミディアムの長さで大きなウェーブやカールを出したい時に普通のパーマよりもしっかりと形付けてくれます。

また加温したり湿熱をする事で普段よりも優しい薬剤であてれることが出来るのでダメージが気になる方にもおすすめです。

 

 

 

デジタルパーマ

デジタルパーマは乾熱乾燥を用いてパーマをあてていく技法です。

工程としては1剤を流した後、専用のロッドを使いパーマを巻いていきます。その後専用の機械を使いロッドを温めていきます。熱の力を使って髪を曲げていくようなイメージです。

特徴としてはしっかりとウェーブやカールがつくので少しハリのあるカリッとした質感になりやすいです。その為、コテで巻いたようなクリッとしたカールや大きなウェーブヘアを作るのにてきしています。デジタルパーマが一番熱の力を使うので髪が太くしっかりしていてパーマがあたりにくい方でも比較的スムーズにあてる事が出来ます。立体感のあるスタイルや巻き髪風スタイルが好きな方に特におすすめです。

3つのパーマの中で一番しっかりとパーマがあたるイメージです。

 

 

 

エアウェーブ

エアウェーブは湿熱加温乾燥を用いてパーマをあてていく技法です。

工程としては1剤を流した後に専用の機械を使い温風をあてていきます。原理としてはクリープパーマに近い原理でじっくりと加温する事でロッドの形状にタンパク質を慣らしていきます。その後髪の水分をとばし乾燥させる事でロッドに巻きつけた形状を固定させるイメージです。ブローをする方は分かりやすいと思いますが髪は乾燥させる事で形が付きます。髪の水分か無くなり乾く瞬間が一番髪の形が付きやすいという事です。髪を乾燥させその形を固定する事で形状を記憶させて2剤で定着させる事で乾いた状態でもしっかりとパーマ感のでるスタイルになります。エアウェーブは形状記憶パーマとも呼ばれ髪が乾いた状態でもしっかりとパーマが残るのでセットもしやすいです。

 

特徴としては大きなゆるふわパーマをしたい時などにおすすめです。パーマは水に濡れた時にしっかりと出て、乾くと少し伸びやすいですが、エアウェーブだと乾いた時もしっかりとパーマが出るので大きな緩いウエーブスタイルが得意です。

デジタルパーマに比べて仕上がりの実感も柔らかで緩くパーマをかけたい人はエアウェーブが良いと思います。

 

 

 

スタイル別おすすめパーマ

 

 

では実際自分がやりたいスタイルにどのパーマが良いのかをご紹介していきます。

自分の今の髪の長さややりたいスタイルとを見比べながら見てみて下さい。

 

 

ショートスタイル

 

ショートスタイルにはクリープパーマエアウェーブがおすすめです。

ショートの場合は比較的スタイリング剤やロッドの巻き方よってもスタイルの雰囲気が変わるので特に注意すべき点はダメージかと思います。

ダメージを抑える為にも湿熱や加温をするクリープパーマやエアウェーブをやる事で薬剤の強さを弱く出来たり、放置時間を短くしたりする事が出来ます。結果的に髪の普段を抑える事が出来ダメージの軽減になります。

 

また乾燥工程をしなくてもショートの場合は髪が短い分そこまでパーマが伸びるという事が無いのでそこまで乾燥させる必要はないです。

 

パーマの強弱はセットの仕方である程度調節出来ます。どういう事かというと、パーマは髪が濡れた時がしっかりと出て乾かすと少しパーマが伸びます。パーマがしっかりと出て欲しい場合はムースやジェルなど水分の多いスタイリング剤を使うか、髪が半乾きの状態でスタイリング剤を使いセットする事でしっかりとパーマ感のあるスタイルを作れます。

 

 

逆にあまりパーマを出したくない時はしっかりと乾かしてマットなワックスなどで仕上げるとパーマが少し緩くなったすたを作る事ができます。

 

 

ミディアムスタイル

 

ミディアムスタイルはそれぞれどんな実感にしたいかによって変わります。

柔らかいエアリーな雰囲気のスタイルにしたい場合はエアウェーブがおすすめです。風でパーマをあてていく分セット時のドライングのやり方で色々な動きをつける事ができ、また質感も柔らかになりやすいです。しっかりと乾かしたあとに根元からワックスをつけて空気を入れるようにすると良いです。

 

 

逆にしっかりとハリのあるパーマや内巻きボブのようなスタイルであればデジタルパーマがおすすめです。内巻きワンカールだとハリのあるパーマの方がセットもしやすく切れなので乾熱を使ったデジタルパーマでしっかりとあてていく方が弾力も出やすくセットが楽です。

 

このようにスタイルの実感やウェーブなのかカールなのかで決めてあげると良いかと思います。

 

 

ロングスタイル

 

ロングスタイルの場合もミディアムスタイルと少し似ているのですが、柔らかいエアリーな雰囲気やくせ毛風パーマの場合であればエアウェーブがおすすめです。

ウェーブのリッジが緩やかで柔らかい印象ですが乾燥工程を入れるエアウェーブは緩やかなウェーブでもダレる事なくしっかりとパーマをキープしてくれます。

 

 

逆にコテで巻いたようなクリッとした巻き髪風パーマであればデジタルパーマがおすすめです。

しっかりとリッジが出るのでより立体感のあるスタイルが作りやすいです。

 

 

ロングスタイルは髪の長さがある分、パーマがダレやすいですがエアウェーブやデジタルパーマどちらも乾燥工程を入れる事でロングスタイルでもパーマがダレにくい特徴があります。

無造作ヘアでラフなイメージにはエアウェーブ、巻き髪風のツヤ髪ヘアーならデジタルパーマというよにパーマの種類を使い分けると良いかと思います。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

パーマには沢山の種類がありますが自分がどの長さでどのようなスタイルにしたいかでパーマの種類を決めると良いかもしれません。

また自分のセットのレベルなどと合わせてスタイリストさんとじっくり話し合ってみて下さい。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA