LINEで質問&予約↓

友だち追加

白髪染めでアッシュなカラーを楽しもう!白髪があるけどアッシュ系カラーにしたいあなたに!

白髪が生えて来て気になってしまうからカラーリングを選択される方は今の時代では非常に多いと思います。
そしてヘアカラーと聞いて思い浮かぶオシャレな色味の代表格として人気の根強いアッシュ。そんなアッシュ系カラーを
白髪染めの方でも楽しんで頂けるのかという所を紹介をしていきたいと思います。

■こちらもおすすめ!

➡白髪染め明るい色で染まるのか?DRAN(ドラン)での明るめ白髪染めをご紹介

➡白髪染め明るい色で染めたいのに美容室でもできなかった理由とは?

➡白髪染めを美容院でしたいけど色々わからない事が多すぎる方は必見!!!完全保存版!!

白髪染めでアッシュはできるのか?

ではまず今回はアッシュ系のヘアカラーを白髪染めでできるのか?ということを解説していきたいと思います。

漠然と白髪を染めれるのは白髪染めで、白髪は白髪染めじゃないと染まらないんだよね?
と、思われている方は多いように思います。

頭皮がべたつく?フケや臭いが気になる方必見!頭皮のべたつきの原因と対処法を公開!!

実際にお客様にもおっしゃってもらう内容は、白髪が増えてきたし、もうそろそろ暗くしなきゃいけないかしら?

と、聞かれることも多いのですが、昨今の薬剤はオシャレ染め・白髪染めの境界が割となくなってきているのが
実際のところです。(美容院での薬剤における話です。)

なぜなのか?と聞かれると薬剤の毛髪内部への染着のメカニズムはどんどん解明が進められていて、
余分な負担を抑え、毛髪に対し効率よく染まるカラー剤というのはどんどん増え続けています。

なので白髪には元々カラーの染料が定着する場所(CMC層)が減少していることが原因で染料が乗りにくかった事が解明され
染料の乗る場所を補充しながら染めてあげることで、今までのように白髪染めの濃い染料をどんと
乗せないと染まらないという時代は終わってきていると考えられています。

オシャレ染めでも調合次第では全然白髪も染まるのです。

以上のことから白髪染めだからと言って絶対に白髪染めだと暗くしなきゃいけない
という概念は捨てて頂いても構わないかもしれませんね。

そしていろんな色味が楽しんでいただけるようにアッシュ系のカラーももちろん楽しんでいただけるので
安心して相談されてみてはいかがでしょうか?

 

そもそも白髪染めって?どういうものなの?

白髪染めはなぜ今までは暗く染まってしまっていたのかというと、オシャレ染めが黒い画用紙を白く脱色しながら
色味を載せていくというシンプルな二つの行程なのですが。

対する白髪染めは、白黒のストライプの画用紙があったとして、そのストライプの黒い部分は白く脱色させながら、
元々の白い部分には均一になるようなかなり濃い染料を重ねないといけないという、
オシャレ染めよりもより複雑な工程が行われていたのです。

そしてそのほんのりと脱色された地毛と元の白い部分を均一に染め上げるために濃いめの染料が入っていますので
思っていた以上に暗く色味が入りすぎてしまったというケースはかなり多いと思います。

汗疹
出展:http://takeda-kenko.jp/

実際白髪染めにおける失敗は暗くなりすぎた!という事や、
逆に明るめの白髪染めを選んでしまったあまりに白髪が浮いて見えてしまっていたりするのでしょう。

 

白髪染めでアッシュにするにはどうすればいいの?

白髪染めでアッシュにしていきたい場合には、まず市販のものであればアッシュにならない、
あまりきれいには染まらない、と認識をおいているほうがいいのかもしれません。

なぜか?本来私達美容師がアッシュ系の色味をきれいに出して行きたいときにお客様に提案をするのが、
髪の毛が元々持っているメラニン色素を壊して(明るくしている状態)からでないと、
きれいなアッシュ系のカラーリングを狙うこと非常に難しいのです。

アッシュ系の色味とは、色でいえば各メーカーにもよりますが、灰色であったり青色なメーカーもあります。

 

元の地毛の黒い状態に灰色や、青色をのせたところで結果は一目瞭然、
あんまり変わらずに黒色に仕上がることだと思います。

ではアッシュをどうすればきれいに染めれるのか?というと、髪の毛のメラニンを一度壊して、
アッシュの色味をのせていかないといけません。それも絶妙な色素量のコントロールによって。

縮毛矯正オススメの髪型って何?やっぱりロングヘアなの?DRAN(ドラン)の縮毛矯正ロングスタイルをご紹介

我々美容師はこのアッシュカラーの大流行により、多くのお客様の髪の毛にアッシュ系のカラーを
させていただいているので、経験や、こんな濃さにしたい場合は、、?という、
ケースバイケースの知識がたくさん入ってきているので失敗はしませんし、
薬剤の色味の違いをうまくコントロールしてアッシュ系のカラーをするときに
アッシュを単体で使う事はあまりありません

カラー剤できれいなアッシュを出したいときにはまずメラニン色素を壊わす作業がいります。

そしてメラニンが薄まり明るくなった髪は強く赤味やオレンジ味を持っていることが多くオレンジ味を薄めるぐらいの
染まり方しかしてくれないことでしょう。

なので、アッシュ系カラーを綺麗に染めていく為にはほんのり抜けたメラニンの補色にあたる
マットやバイオレットなどをも混ぜたりもして、色選び、調合をする段階から難しいのです!

パーソナルカラー診断!春タイプ(スプリング)のおすすめハイライトカラーをご紹介

そして実際に白髪を染めていきながら、アッシュにしていきたい場合には白髪染めにアッシュの色味を
混ぜて白髪染めの濃い染料をアッシュでくすませてやわらかい色味にしてあげる
白髪を染めるときでもアッシュ系のカラーリングは楽しめます。

とやはり、白髪染め1本できれいなアッシュ系カラーに染めるのはなかなかに無理があり
より詳しい知識をお持ちの美容師さんにアッシュに必要な色味を混ぜて染めてもらうことが
確実なのかもしれません。

明るめのアッシュカラーなどにしていきたい方は、白髪の部分はきれいにアッシュを出しやすいのですが
全体に残った黒髪の部分は上記でもお伝えをさせて頂きましたが、黒髪からあまり変わらない仕上がりになってしまうので
ブリーチなどで明るく抜いてあげてからアッシュで染めてあげると、綺麗なアッシュの色味に染まっていきます

ただ一つ注意点なのですが、ご自分で、染められている方でもしブリーチをして、全体がかなり金髪っぽくなった状態に
なると髪全体が黄色味を帯びた状態なのでそこにアッシュ(青)を混ぜるとどうなるか考えて頂けましたか?

パーソナルカラー診断!春タイプ(スプリング)のおすすめハイライトカラーをご紹介

黄色と青い絵具を混ぜると緑になりますよね?そのような思いもしないカラーので仕上がりとなってしまう事も多々ありますので、
ご自分で難しいと思われた場合は速やかに身の周りの美容師さんに相談しましょう。

 

白髪染めでアッシュにしようとしたら失敗した

白髪染めでアッシュにしようと思い、ダークなアッシュを買ってご自分で染めてみようと試みる方も
少なくはないみたいです。

まず、市販されている薬剤はだれが染めても白髪がしっかりと染まるように染料が濃く設定されています。

ですので白髪の部分をくすんだキレイなダークなグレイや、ダークなアッシュにしたい方はこんな感じに染まりますよ、
といった染まりあがりのイメージを見て、買って染められるのだとは思いますが、まず第一に多い失敗
白髪はしっかりと染まったが、黒い髪が黒いままで結果とした真っ黒になってしまった方

そして続けて失敗しがちなのが、暗くなってしまったから明るくしようと思い、明るめのアッシュ系のカラーを買って
染めなおしをしてみたけど、新しく伸びてきた新生部は明るくなり、以前にした白髪染めのお薬で染めた部分が黒く残ってしまった
仕上がりとしてネモキンになってしまったという失敗もお聞きします。

このような症状がなぜ起こるのかというと、毛先に以前染めた白髪染めなどの濃い染料
ほんのり明るくするカラー剤ぐらいのパワーでは削り切れずに明るくなりきらずに、
新生部の部分だけがメラニン色素が壊されて明るくなって仕上がってしまったような状態です。

頭皮がべたつく?フケや臭いが気になる方必見!頭皮のべたつきの原因と対処法を公開!!

万が一、白髪染めなどで毛先が暗く沈んでしまった場合などにはご自分で解決をしようとはせずに
美容室を頼っていただければと思います。

 

白髪染めでアッシュやベージュは染まらない?

ご家庭でよく自分で染められているお客様にお伺いするのがアッシュやベージュなどの柔らかくくすんだ色味を
自分でも染めたいけど、美容院で染めた仕上がりのような柔らかさが出ないとお聞きします。

特に白髪染めをお使いになられる、白髪混じりのお客様は難しいのではないかと思います。

一般の方でも、アッシュやベージュはもともとのメラニン色素の量が薄く、地毛が明るいような方なら
染まりやすくはありますが、メラニン色素がはっきりされている方は、ブリーチなどで一度色を抜かないといけないです。

なぜかというと髪色を明るくしていくと一緒に赤みも出てくるのがアジア人特有の赤毛なので
アッシュやベージュといった色味は赤色の反対色となるため、発色が非常に弱くなってしまいます。

なので繰り返しコツコツと赤みを消していけるようにアッシュを重ねていったり
ブリーチなどで先に赤みを消してしまうときれいにアッシュやベージュが表現できるのです。

と、紹介はさせて頂きましたが、ブリーチやアッシュを重ねていくような手法にも
もちろんテクニックが必要で、抑えるべきポイントがありますのでご自分でやって失敗が怖い方などは
美容室でやってもらうことが一番安全で一番キレイに染めてもらえることでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

白髪染めでもキレイなアッシュには全然なれます。最近のカラー剤はどんどんと綺麗なものが増えてきているので
興味がおありの方はぜひDRANにて白髪の方でも楽しめるこだわりのアッシュカラーを体験してみてくださいね。

最後に実際のお客様の写真を数枚紹介させて頂いておきますので参考にしてみてください。

⇩⇩40代女性お客様⇩⇩

⇩⇩30代女性お客様⇩⇩

⇩⇩30代女性お客様⇩⇩

 

それでは本記事でもご愛読ありがとうございました。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA