LINEで質問&予約↓

友だち追加

パーソナルカラー診断!冬タイプ(ウィンター)におすすめのアイシャドウの色味から塗り方まで教えます!

今回はパーソナルカラー診断で冬タイプ(ウィンター)さんと診断された方の

アイシャドウの色味から使い方について解説したいと思います。

今、冬タイプのアイシャドウについて悩んでいる方はすごくわかりやすく解説しておりますので必見です。

冬タイプの瞳の色とは?

 

まずアイシャドウを選ぶ際に大切なのが瞳の色と合わせていく事です。

アイメイクは瞳に一番近い部分になりますのでここで瞳の色とかけ離れた色味をつけてしまうと

目の印象が薄れて見えてしまいますのでご自身の瞳の色をよく確認し知っておくと良いですよ。

 

冬タイプの目の色と言ってもいくつか種類があります。その特徴をここではご紹介致します。
まず瞳そのものの色はと言うとソフトブラック、ブラック、青みがかった茶、と言った感じです。

一見暗くてわかりにくいですが共通して言えるのがと色がハッキリしていて黒いと言う印象を受けます。
又白目と黒目のコントラストは、はっきりしており白目の部分は青みがかっております。

ですのでそういった点も意識してアイシャドウを選んでいきましょう。

 

冬タイプが似合うアイシャドウの色味とは?

 

冬タイプの瞳の色は青みがかった茶色やソフトブラックで

白と黒のコントラストがハッキリとしている方が多く見られますので

アイシャドウの色味もブルーベースの低明度でハッキリとした色味が良いでしょう。

 

色味でいうと

  • グレー

 

  • ブルー

 

  • パープル

 

  • ロイヤルパープル

 

  • パウダーピンク

 

  • ネイビー

 

  • ダークブラウン

 

  • スノーホワイト

 

  • ショッキングピンク

 

  • ブリリアントブルー

 

  • パールグレー

 

  • チャコールグレー

 

このように全体的に青みのある鮮やかでくすみのないハッキリとした色味です。

冬タイプの方はお顔立ちもハッキリとしていて目力も強いという特徴があるので

アイシャドウは色数を少なくして明度が異なる同一色でグラデーションにすると目元のシャープさがより際立ちます。

特にグレーのお色は目元を引き締めてくれ、ブルーのお色は透明感をだしてくれるのでオススメですよ。

 

上記の色味で例えるとスノーホワイトパールグレーなどの薄い色味アイホールに伸ばしていき

チャコールグレーのような濃い色味目の際からグラデーションにしてモノトーン風に仕上げると

冬タイプのシャープでモダンなイメージとよりマッチしてきますし

さらに目の際からパープルブルーなどの色味でグラデーションすると

元々目力が強い冬タイプさんの目のインパクトをより高めてくれます。

 

そして普段使いの際にブラウンを使う方は多いかと思いますがブルーベースのブラウンは

間違えやすいのでお気をつけ下さい。

ここで黄みの強いブラウン(キャメルブラウンなど)を使ってしまうと目元の印象がきつくなるので

ブラウンを選ぶ際は上記のような赤みが少し入ったココアブラウン、ローズブラウンなどを選びましょう。

そして冬タイプの方はお肌にもハリがありツヤ感のあるの方が多いので

キラキラと輝く明るいラメやパールなどを使って頂くとより華やかな印象とマッチしていきます。

さらにラメの色はブルーベースなのでシルバーがよくお似合いになりますのでそういった点も注意して選んでくださいね。

 

 

冬タイプにおすすめの人気アイシャドウとは?

 

ここでは冬タイプに使いやすい色味が揃っているおすすめの人気アイシャドウをご紹介していきたいと思います。

日本人は黄色人種なので化粧品も基本的にイエローベースの物が多く売られている事が多いです。

なのでブルーベースの冬タイプの方は特にブラウンなどの色味を間違えがちになってしまうので

ここでは冬タイプにおすすめのアイシャドウをご紹介していきたいと思います。

 

コスメデコルテAQ MW アイグロウ ジェム 引用

 

商品説明

濡れたように、しっとり。1色で、目もとに立体的なグラデーション。発色・ツヤ・化粧もちにすぐれたアイカラー。

 

ディオール サンク クルール 引用

 

商品説明

リニューアル発売
ファッショナブルでクチュールらしさを感じさせる、新しいテクスチャーとエフェクトを兼ね備えたパレット。トーン オン トーンやコントラスト等、色の提案のみにとどまらず、マットからサテン、ウェットからグリッタリーのエフェクトを加えて、メイクアップの可能性を無限に広げます。

 

SUQQU(スック) デザイニング カラー アイズ 引用

 

商品説明

なめらかな質感と純発色で、大人のまぶたをつややかに彩るアイシャドウ。色を重ねても厚みが出ず、美しいグラデーションが簡単に仕上がります。ルーセントピグメント配合で、目元に奥行きと立体感を演出。密着力も高く、つけ立ての色が続きます。

 

ヴィセ リシェ シマーリッチ アイズ 引用

 

商品説明

濃密なグラデーションに繊細な輝きをプラス。立体的で深みのある目もとに仕上げる5色セットのアイカラーです。濃密なディープカラー×繊細な輝きを放つシマースパイスで深みのある大きな目もとを演出。美容液成分にヒアルロン酸・スクワランを配合で、メイクしながら目もとをやさしく保湿ケアします。5.4g

 

パーソナルカラーに特化した発色の良いアイシャドウとは?

ハーブティー

当店ではで世界初のオーガニックメイクブランドクルールキャラメルの商材を使用しています。

クルールキャラメルのメイク商材はオーガニック認証団体の世界基準といわれる

「ECOCERT」フランスのオーガニックコスメの基準である「COSMETIQUE BIO」の認証をうけた⬇︎⬇︎

 

メイクアップブランドなので使えば使うほどお肌も綺麗になっていきます。

なによりパーソナルカラーにも特化しているので色物などの色の種類もたくさんあり

パーソナルカラー診断を受けた方にはより楽しんで使って頂ける商品です。

 

その中でもこちらのアイシャドウ

天然由来成分100%なのにナチュラルからモードまで思い通りに使えるアイシャドウです。

シアバターや7~8種類の天然保湿成分配合、かつカラーバリエーション豊かで鮮やかな発色で

通常の微粒子よりさらに微粒子化されたパウダーはしっとりと柔らかく

長時間フィットして肌を乾燥から守ります。

 

本当に化粧崩れを起こすことがなく、又なにより発色がとても良いのがクルールキャラメルの人気の秘訣でもあり

他にも天然由来成分たっぷりなのでクレンジングでしっかり残すことなく落とすことができるので色素沈着の心配もほぼありません。

 

冬タイプには似合わないアイシャドウの色味とは?

パーソナルカラー診断!春タイプ(スプリング)のおすすめハイライトカラーをご紹介

 

冬タイプはブルーベースで明度の低い、鮮やかでハッキリした色調がお似合いなるので

やはりその逆となるような色味はお肌には馴染みません。

他にもご自身の瞳の色とあまりにもかけ離れた色味を付けてしまうとそれも馴染みにくくなってきてしまいますので

そういった点もふまえて見ていきましょう。

 

色味でいうと

  • オレンジ

 

  • モスグリーン

 

  • 水色

 

  • サーモンピンク

 

このようなイエローベースとなっている色味やくすみの入った渋い色味は

冬タイプが付けてしまう目の周りがくすんで冴えない印象になってしまいます。

又、ブルーベースの冬タイプのお肌とも馴染まないので色味だけが目立ち

逆に目が小さく見えたり野暮ったく見えたりしてしまうのでお気をつけ下さい。

 

アイシャドウの塗る場所とは?

まずアイシャドウを塗る場所というのはとても大切でそれが少しでも違っているとそれだけで目元の印象が大きく変わります。

ですが意外にも感覚で塗っている方が多くいらっしゃるので詳しく説明していきたいと思います。

 

初めにアイシャドウを塗る基本的な場所は画像のようなアイホールと呼ばれる場所で

ご自身のアイホールを確認する方法は眉の中央を少しだけ上に上げてその時にくぼむ部分がアイホールです。

アイホールには二色~三色の色味を使ってグラデーションにしたりして印象を変えていく事が多くなります。

瞳から近い目の際は濃く離れていくにつれて明るい色味になっていくようにしていきましょう。

 

他にも画像のような目の下涙袋目尻にも塗っていきます。

特に涙袋に明るめの色味をのせることで女性らしさが出ますし少し暗めの色味を淡くのせると目が大きく見えるようにもなります。

(あまり濃い色味を涙袋にのせすぎると隈に見えてしまいますので塗り過ぎはNG)

目尻には基本的に濃い色味をつけて目元を引き締めるようにしていきます。

 

このようにアイシャドウを塗る場所がわかれば次はどのように塗ればいいのか悩みますよね。

ですので目元別での塗り方を説明していきたいと思います。

 

[目元別]アイシャドウの塗り方とは?

人はそれぞれ目の大きさや形は違いますが特に目の形が一重奥二重と呼ばれる方は

アイシャドウを塗っても目を開ければ見えなくなってしまう…塗り方がわからない…などと悩まれている方は多いかと思います。

ですので一重、奥二重の方の基本的なアイシャドウの塗り方についてお教えいたします。

 

一重 編

 

  • アイホール全体に明るく淡い色味をのせる

画像の場所に明るめのハイライトカラーをのせていきます。

ハイライトカラーの例↓↓

この時にチップで塗っていくと濃くついてしまいがちですので毛質の柔らかいアイシャドウブラシを使って

薄くのばしていくようにしましょう。

  • アイホールの目の際から半分程度まで中間色をのせる

画像の場所にハイライトカラーより少し色味の入った明るい中間色をのせていきます。

中間色の例↓↓

この中間色がグラデーションをしていくためにはとても大切な役割になります。

基準でいうと目を開けた時に色味が少し見えるくらいまで伸ばしていくと良いかと思います。

目の際から画像のように上に広げていくとぼてっと色味がのらずグラデーションになるのでオススメですよ。

 

  • 目の際から二ミリ程度の所まで一番濃いベースカラーをのせる

画像の場所に一番濃い色味のベースカラーをのせて目元を引き締めていきましょう。

ベースカラーの例↓↓

ここであまり上に付けすぎてしまうと瞼が逆に重く見えてしまいますのでお気をつけください。

 

  • 下瞼全体に明るい色味をのせ目尻にはベースカラーをのせる

画像のように涙袋には明るいハイライトカラをのせて目尻には横に二ミリ程度

濃い色味をのせるとより目元によりメリハリがでて目元が引き締まります。

 

 

奥二重 編

 

  • アイホール全体に明るく淡い色味をのせる

 

画像の場所に明るめのハイライトカラーをのせていきます。

ハイライトカラーの例↓↓

ここは一重の方と同様でこの時にチップで塗っていくと濃くついてしまいがちですので

毛質の柔らかいアイシャドウブラシを使って薄くのばしていくようにしましょう。

 

  • アイホールの目の際から半分程度まで中間色をのせる

画像の場所にハイライトカラーより少し色味の入った明るい中間色をのせていきます。

この中間色がグラデーションをしていくためにはとても大切な役割になります。

基準でいうと目を開けた時に色味が少し見えるくらいまで伸ばしていくと良いかと思います。

目の際から上に広げていくとぼてっと色味がのらずグラデーションになるのでオススメですよ。

 

  • 目の際から二ミリ程度の所まで一番濃いベースカラーをのせる

画像の場所に一番濃い色味のベースカラーをのせて目元を引き締めていきましょう。

ベースカラーの例↓↓

奥二重の方は目尻に向かって少し二重の線が入っている方が多いので

色味をグラデーションする際も目尻側を太めにしていくとより立体的に目力もアップします。

 

そしてグラデーションは目の際にまず色味をのせてそのまま画像のようにジグザグに上に広げていくと

徐々に薄くのびていき自然なグラデーションになるのでオススメです。

 

  • 下瞼全体に明るい色味をのせ目尻にはベースカラーをのせる

画像のように涙袋には明るいハイライトカラをのせて目尻には横に二ミリ程度

濃い色味をのせるとより目元によりメリハリがでて目元が引き締まります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回はパーソナルカラー診断で冬タイプと診断された方へ似合うアイシャドウの色味から塗り方まで書き綴らせて頂きました。

肌色に合う色味も大切ですしどのように塗っていくかでも目の印象が変わっていきますので

そういった点も意識してアイメイクを楽しんでいきましょう。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA