LINEで質問&予約↓

友だち追加

パーソナルカラー診断!冬タイプ(ウィンター)目の色から見出す活用法

今回は冬タイプの目の色について記事にさせていただきました。冬タイプの目の特徴とは?
又自身の目の色がわかるとどういった活用法があるのか?などなど冬タイプにとって重要な解説が詰まっています。
是非必見です。

 

冬タイプさんの目の色の特徴は?

 

冬タイプの目の色と言ってもいくつか種類があります。その特徴をここではご紹介致します。
まず瞳そのものの色はと言うとソフトブラック、ブラック、青みがかった茶、っと言った感じです。一見暗くてわかりにくいですが共通して言えるのがと色がハッキリしていて黒いと言う印象を受けます。
又白目と黒目のコントラストは、はっきりしており白目の部分は青みがかっております。
逆に白目と黒目のコントラストが柔らな印象を受け又瞳にうっすら明るさを感じれば同じブルーベースの瞳でも全く違ったものになります。
うっすら明るい印象を受ければ夏タイプの可能性が高くなり、ハッキリとした印象を受けたならば冬タイプと言えるでしょう。

ではその他の瞳の色も見ていきましょう。

 

ライトブラウンで少し黄色味を感じる印象(春)

 

ダークブラウン少し緑がかった印象(秋)

 

 

ソフトブラウン落ち着きのあるくすんだ印象(夏)

 

黒く澄んだ瞳でありはっきりした印象(冬)

 


(※わかりやすいように外国人のモデル写真起用。)

どうでしょうか?今回はわかりやすいように外国人のモデル写真を起用致しました。又その他の3シーズン(春・夏・秋)の記事も記載しておりますので気になる方はぜひ読んで見てください。シーズン毎の違いが感じられて面白いと思いますよ。
オススメです。

 

 

自身の目の色をチェック

 

では自身の瞳をチェックして見ましょう。チェックの仕方は簡単で誰にでも可能です。まず室内で自然光(太陽の光)がうっすら入っている場所を探してください。間違っても直射日光の当たる場所ではやらないでくださいね。瞳に対してもダメージを負わせる可能性があります。
うっすら入っている場所を見つけたら斜め45度に瞳だけを少し上にあげてください。(ここで眩しいなっと思ったらすぐ場所を変えましょう。)

そうすると瞳の黒目の部分が光に照らされて冬タイプの場合ははっきりと色を確認できると思います。
その確認できたお色がブラック、ソフトブラックの黒みを感じはっきりとした印象を受ければ冬タイプの目の色でしょう。
又この時に先ほど上記にも書いたように白目と黒目のコントラストも確認しておいてください。
はっきりとした印象を受ければ上記にも書きましたように冬タイプの瞳となります。

 

瞳(虹彩)の模様とは?

 

虹彩とは眼球の色のついている部分(茶色っぽいところ、冬タイプの場合は全体が暗いのでしっかり確認お願いします。)のこと言います。ちなみに瞳の真ん中にある黒目の部分を瞳孔と言います。


そして虹彩には模様が入っておりこの模様がまたパーソナルカラー診断の瞳(春・夏・秋・冬)を区分させる一つの要因とされます。
では今回は冬タイプさんの虹彩について見て行きますね。

冬タイプは

自動車のホイールや自転車の車輪のような縦ジマが入ります。


(※わかりやすいように外国人のモデル写真起用。)

又日本人ではあまり見られないですが外国人の冬タイプになるとグレーやブルーブラックっといった瞳であり虹彩のホイール、車輪のような模様はもっとわかりやすいみたいですね。そして虹彩は大きく分けて(春・夏・秋・冬)と4シーズンに分かれるのですが実際は少しづつではありますが一人一人違うみたいです。

これを虹彩紋理っと言って指紋のように、ひとりひとり違う虹彩表面の模様があるという事で生体認証システムにも使われているみたいです。

 

同じブルーベースの瞳の違いとは?

 

同じブルーベースと言いますと夏タイプと冬タイプですね。上記でも少し触れましたが冬タイプの目の特徴と
夏タイプの目の特徴の違いを見ていきましょう。

冬タイプ

瞳の色はブラック、ソフトブラック、などが冬タイプの瞳である。又白目と黒目のコントラストは、はっきりとしていて白目の部分には青みを感じられる。
対するは夏タイプはと言うと瞳の色は赤茶色、紅茶色、ソフトブラック、ソフトグレーがかった茶色
ここでソフトブラックは夏タイプ、冬タイプが少し被るところがでてきましたね。
しかし同じソフトブラックでも確実に違う部分はというと瞳全体がボヤ~っと柔らかい印象が夏タイプ。同じソフトブラックでも白目と黒目の境目ははっきりとコントラストがついているのが冬タイプとなります。又夏タイプはというと白目と黒目のコントラストは柔らかく白目の部分はアイボリー色を感じる。
どうでしょうか?
同じブルーベースでも違いがありましたね。
上記の事を踏まえてしっかり自身の特徴を理解しましょう。もっと夏タイプの目の色について詳しく知りたい方はこちらも合わせてお読みください。⬇︎⬇︎

 

 

パーソナルカラー診断で冬タイプと診断されたが実は目の色が冬タイプではない

 

パーソナルカラー診断にてあなたは冬タイプと診断されました。

しかし瞳の色を見てもらったりセルフチェックすると・・・あれ?冬タイプっぽい印象を受けないなぁっというあなた。

パーソナルカラー診断で冬タイプと診断されても瞳の色は違う場合も多々あります。
なのでパーソナルカラー診断の4シーズン分け(春・夏・秋・冬)を瞳の色だけで判断するのはかなり危険と言えます。
パーソナルカラー診断はやはりドレーピングっと言って4シーズンに分けられた布をお顔に当てて診断するのがもっとも正しいと言えるでしょう。

では目の色を見出しても活用するところがないのか?っと言いますとそうでもありません。
次の項目で目の色と髪色について触れて行きたいと思います。

 

冬タイプの目の色から見つけ出す自身に似合う髪色の明るさとは?

 

はじめに冬タイプの似合わせオススメ髪色について詳しく記載しているのはこちらの記事になります⬇︎⬇︎

上記の記事を熟読してもらえれば冬タイプの髪色については全て把握できると思います。
ここでは冬タイプの目の色から髪色の明度を設定する一つの基準をお伝え致します。
まずヘアカラーにはカラーレベルというものがあります。

色の明るさ別に番号がついていますね。
数字を見ていくと3番〜15番と書いてあり数字が上がるにつれてヘアカラーの明るさが上がっていく。又数字が下がるにつれてヘアカラーの明るさが暗くなっていくのが見て取れます。これがヘアカラーのレベル表という事ですね。
次に自身の目の明るさを見て見ましょう。明るさがわかれば上記のカラーレベル表と見比べて自身の瞳の明るさが何番に該当するのか?これを見定めます。
見定めて何番かわかったらその番号があなたの瞳の明るさと言えます。
ではそれを活用してあなたが似合うヘアカラーの明るさを決めていきます。
ここでは一定の方程式をご紹介いたしますね。⬇︎⬇︎

・自身の目の明度と同じレベルにするとナチュラルな印象。

 

・自身の目の明度より2レベル上げると明るい印象。

・自身の目の明度より2レベル下げると落ち着いた印象。

っとこんな感じになります。普段私がサロンワークでお客様にヘアカラーする場合も似合わせ基準でやる場合はこの方程式に当てはめていきます。
だだこちらの方程式は髪色の明度を設定するものであり、ヘアカラーの色を選定するものではありません。
なのでやはり真の似合わせ髪色を実現するにはパーソナルカラー診断にてあなた自身を引き立てる4シーズンタイプを見つけ出し尚且つ上記の目の色から見出した方程式に当てはめていくのがベストと言えるでしょう。

そして目の色はメイクの色味にもすごく関係してきますので冬タイプに似合うメイクの色味についても知りたい方は是非こちらの記事を合わせてお読み下さいね。

 

まとめ

どうでしたか?
パーソナルカラー診断!冬タイプ(ウィンター)目の色から見出す活用法
今回は冬タイプの目の色について詳しく記事にさせてもらいました。自身の目の色について理解するとどんな活用法があるのか?理解していただけたと思います。
それと同時に目の色だけでは判断しすぎると又それも良くないっという事もわかりましたね。
しっかり自身の目の色を知る事であなたに似合うものが提案できます。流行も大切ですが自身に似合うっというところをもう一度見つめ直し輝ける自身のカラーを見つけましょう。
するとあなたは周りの方からもっともっと素敵に見られるはずです。
まずは自分を知るところから初めて見てはいかがでしょうか?

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA