LINEで質問&予約↓

友だち追加

シリコンは悪?ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

一時期シリコンは髪に悪いとされ、ノンシリコンシャンプー の人気に火が付き沢山のノンシリコンシャンプーが市場に増えました。実際使用してみると良いと言う人や、あまり違いが感じられなかったり、あまり良くないと言う人や様々でした。ノンシリコンシャンプーは実際にはどうなのでしょうか?今回はそもそもノンシリコンシャンプー とは何なのか?良いところ、悪いところをご紹介します。

シリコンは悪?ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

 

 

そもそもシリコンとは?

 

 

そもそもシリコンとは、正式名称を「シリコーン」と呼び、ケイ素を元に作られる合成樹脂です。

シャンプー以外にも化粧品や柔軟剤、ヘアワックスなど幅広く使われています。

シャンプーやトリートメントに使われるシリコンには主に髪の表面にシリコンの皮膜を作り、コーティングする事で手触りや指通りをよくしツヤを出してくれます。

また摩擦や熱などのダメージを軽減してくれる効果もあります。

シャンプーやトリートメントの表記としては、そのままシリコンとは書かれておらず

・~メチコン~

・~シラン~

・~シリル~

・~シロキサン~

などの表記があればほぼシリコン配合のシャンプーかと思います。

一番気をつけなければならならいのが、ノンシリコンをうたったシャンプーであっても結局トリートメントの方にシリコンが配合されている場合があるのでノンシリコンのシャンプーを使っていると思っていても実際は違うことがあるので注意が必要です。

 

シリコンの何がいけないの??

 

 

シリコンが悪とされる要因の一番は、そのコーティング力でしょうか。

一般的にシリコンは髪の表面をコーティングする事で手触りの向上やまとまり感、ツヤ感をだします。

一見すると髪のパサつきや手触りが治った感覚になり、髪が修復されたように感じます。

しかし実際は、髪表面をコーティングする事で一時的に手触りや指通りを良く見せているだけです。フローリングの床をワックスがけするようなイメージですね。

それでも手触りや指通りが良くなる事で摩擦の軽減や髪を美しく見せることが出来る効率的なものです。

しかし問題もありそのコーティング力が強すぎる事で髪の表面に残ってしまう事です。

吸着力が強すぎるシリコンは日頃のシャンプーで落ち切らず残る場合があります。それが段々と層のように髪表面に重なり、ベタ付きやギトギトとした質感の原因になり逆に髪を傷める原因にもなってしまうのです。

そのことが注目されるようになりシリコン=悪という情報が広まりました。

しかしそれらはシリコンが悪いのではなく、適切な量や使い方、シリコンの種類により改善出来る場合がほとんどです。

何事もバランスや目的に合った選択が大切ですね。

 

ノンシリコンシャンプーは本当に良いの?

 

 

今、市場には沢山のノンシリコンシャンプーが出回っていますがそれは本当に良いのでしょうか??

実際のところドラッグストアなどで売られる市販の物であればどれもあまり変わらないかと思います

自分が求める質感や手触りで決めれば良いと思います。

ただシリコンがあることで頭皮に痒みが出る方であればノンシリコンシャンプーの方が良いかもしれません。

また髪のダメージがなくショートスタイルであればそこまで手触りを気にする必要が無いのでノンシリコンシャンプーでも特に問題はないかとおもいます。

ノンシリコンシャンプー のメリット・デメリットをしっかりと見極めて選択することが大事です。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

 

 

ノンシリコンシャンプーを使う上でメリット、デメリットも知っておくことが必要です。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

 

  • ベタつきがなく軽やかな洗い上がり
  • 使い続けることで髪のコンディションが良くなることがある
  • カラーリングやパーマなど薬剤の浸透がよくなる

 

・ベタつきがなる軽やかな洗い上がり

ノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていない為、洗い上がりが軽くベタつきはなくなります。

髪のボリュームが欲しい方やオイリー肌の人には効果的です。

 

・使い続けることで髪のコンディションが良くなることがある

普段、シリコン配合のシャンプーやトリートメントを使っている場合、それが重い質感でしっとりタイプのものだと使い続けるごとにベタつきや髪の手触りは悪くなっていきます。

そんな時にノンシリコンシャンプーを使うと徐々に髪表面のシリコンが落ちてゆき、髪のコンディションが良くなることがあります。

いつもトリートメントなど沢山つけているのにあまり効果が実感されない場合はノンシリコンシャンプーに切り替えるのも良いかもしれません。

 

・カラーリングやパーマなど薬剤の浸透がよくなる

シリコンは髪の表面をコーティングして手触り、指通りを良くすると何度も書いてきましたが、あまりにそれが付きすぎると逆効果になります。

髪の表面にしっかりとシリコンが吸着して覆ってしまうとカラーリングやパーマの薬剤が浸透するのを阻害してしまい反応が遅くなってしまいます。結果的に時間がかかることで髪のダメージを余分に与えてしまうことになるのです。

ノンシリコンシャンプーは髪表面にあまり余分なものが付着しないので薬剤の浸透もよくなり結果的に髪のダメージを抑えられる事になります。

 

 

ノンシリコンシャンプーのデメリット

 

  • 髪がきしむ、手触りが悪くなる
  • 髪がパサつきやすくなる
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱い

 

・髪がきしむ、手触りが悪くなる

シリコンで髪表面をコーティングする事で髪の手触り、指通りを向上させる一番手軽なものです。

それが入っていない事でやはり質感はシリコン配合のものに比べると悪くなり、手触りや指通りの良さを求める人にとっては物足りなく感じてしまうでしょう。

 

・髪がパサつきやすくなる

またノンシリコンシャンプーは軽い仕上がりになる反面、しっとり感はありません。

元々髪がパサつきやすい方やダメージ毛の方は髪のパサつきが気になるかもしれません。

シリコンがある事でまとまる髪もあるのでノンシリコンシャンプーを使用する事で髪の広がりやパサつきが出てきます。

 

・ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱い

ノンシリコンシャンプーには髪のコーティング作用が弱いのでドライヤーやヘアアイロンの熱でのダメージを受けやすくなります。

なので髪を乾かす前にアウトバストリートメントをつけたりアイロン前の保護スプレーなどを使うなど工夫が必要になってきます。

 

まとめ

 

シリコンは悪?ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

 

シリコンとは髪を保護したり、手触りや指通りの質感の向上にはとても有効的なもので全てをと決めつけるのはあまり良くないと思います。

しかし髪質に合っていないものや、つけすぎ等、使い方を間違えると逆効果になってしまいます

自分の髪質や求める質感、ダメージの度合いなどを考えて本当にノンシリコンシャンプーの方が良いのか、シリコンを使った方が良いのかをスタイリストさんと話し合いながら決めていけば良いかとおもいます。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA