LINEで質問&予約↓

友だち追加

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

今回は縮毛矯正の失敗防ぐためにドランが実際お客様にしている工夫を記載していきたいと思います。

偏に縮毛矯正と言っても美容室、美容室で若干施術の仕方が異なってきます。

使う薬剤も変われば、施術方法も変わるという事ですね。縮毛矯正の失敗を防いで綺麗なストレートラインを演出させたい方は必見です。

 

 

縮毛矯正の失敗とは?

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

 

縮毛矯正は一度失敗すると中々やっかいな施術であります。直せる失敗と直せない失敗とがあるのが正直なところ。ましてや他店で失敗して縮毛矯正のお直しなんてのはすごく難しい施術になります。

ではどんな縮毛矯正の失敗がありどれが直せてどれが直しにくいのか項目で解説致します。

  • ストレートに伸びきっていない縮毛矯正の失敗
  • ビンビンに伸びすぎた縮毛矯正の失敗
  • 根折れの縮毛矯正の失敗
  • ビビり毛となってしまった縮毛矯正の失敗
  • ぺったんこになってしまった縮毛矯正の失敗
  • 前髪が浮いてしまった縮毛矯正の失敗

などがあり得る縮毛矯正の失敗と言えるでしょう。ではどれがお直ししやすくてどれが直しにくいのか解説していきます。

 

ストレートに伸びきっていない縮毛矯正の失敗

こちらは縮毛矯正をかけたけれどもあまり伸びてなくクセが残ってしまった又は数日で元に戻ってしまった場合の失敗ですがこれは普通にお直しさせてもらう事が可能です。

失敗の要因は使用薬剤が弱かったのか?アイロンの熱入れが甘かったのか?このあたりが一番失敗の要因だと思われます。

ビンビンに伸びすぎた縮毛矯正の失敗

こちらは思いのほか弾丸ストレートになってしまった場合ですね。

お直しの仕方はもう一度縮毛矯正をかけてフワッと内巻きにいれるか、ホット系パーマを毛先にかけてしまうかになります。

ですがビンビンに伸びすぎた場合は薬剤の効きが甘かったりアイロンの熱が弱かったりとは又違うので次にお直しする場合は結構の毛髪ダメージを覚悟しなければなりません。

それがやはり気になるならば普段のスタイリングで少し内側に入るようにブローするか巻き髪アイロンで軽く巻き込むかで対応も可能です。

ビビり毛となってしまった縮毛矯正の失敗

こちらに関しては中々元には戻れません。特殊なスキルが必要な場合が多いです。

ドランでもこの場合のお客様はしっかりカウンセリングをさせてもらって施術に入らせて頂きます。しかし当日やり直しに踏み込むか、もぅ少し違った形で髪質改善をしていき徐々に直していくかは実際目で見てカウンセリングをしてみないとなんとも言えないですね。

ぺったんこになってしまった縮毛矯正の失敗

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

トップのボリュームもなにもかも奪ってしまった縮毛矯正の失敗。この場合はなるべく我慢できるならば少し期間を空けてみて様子を見て見てはいかがでしょう?

根元の毛髪は1ヶ月で1.5センチ~2センチ程伸びると言われています。

薬剤を使用した施術より少し期間を空けてトップのカットの工夫でふんわりにしてあげた方がよいでしょう。

前髪が浮いてしまった縮毛矯正の失敗

縮毛矯正をかけてもらってから前髪がすごく浮くんだよね。っとなる縮毛矯正の失敗パターンこちらは元々前髪の根元に立ち上がる生えグセがある方は非常に浮きやすくなります。

この場合は根元から薬剤を塗らないで1センチ程開けて施術するといいでしょう。

またお直しに関してはこれも少し期間を開ければ自然と降りてくるので薬剤によるお直しはあまりおすすめしません。

又前髪くらいと自身でやってしまってこのパターンになるケースも少なくありません。

なのであまり自身でセルフ施術はおすすめしません。

前髪を自宅で自分でやろうかな?っと思っている方はこちらの記事もお読みください。⬇⬇

➡前髪縮毛矯正は自宅で自分で出来るのか?やり方から気をつけるポイントまで紹介

縮毛矯正を実際のお客様に施術している時の工夫とは?

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

ではドランでは普段どのように縮毛矯正を施術しているのか?を解説していきたいと思います。要所、要所でやはり直伝の技!!なるものがありますので要注目です。

そして今回縮毛矯正をかける前のお客様の姿がこちら⬇⬇

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

やはり縮毛矯正をかけたいだけあって毛髪のくせ、うねりが目立ちます。

このBeforeの状態がどう仕上がるのが非常に楽しみですね。

縮毛矯正の失敗を防ぐ工夫は髪のすすぎから始まる

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

このすすぎに関してはこれから色んな施術をしていく上で基本でありもっとも大切なポイントとなります。毛髪内部に水分をしっかり補充してあげないと薬剤も浸透しないので強めの薬剤を使用しなければならなくなります。

すごい硬い毛髪の形ではここで尿素を使ったシャンプーの施術をしていき浸透率をアップさせます。

縮毛矯正の失敗を防ぐ薬剤選定と塗布

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

薬剤選定に関してはかなりの知識と経験が必要となります。多種多様な薬剤からどれを選択するか?又このお客様はどれくらいのパワーの薬剤で対応可能なのか?を見極める毛髪診断力が問われます。

強すぎてもダメですし、弱すぎてもダメ。ピンポイントで決めていかなくてはいけません。

しかしなるべく使う薬剤は優しいものをしたいと思うのが美容師側の意見ですね。

なので初めのすすぎ&シャンプーで薬剤の浸透率が変わってくるので初めの段階からメニューの組み立てが必要です。

又薬剤塗布に関してはドランでは根元から2センチほど話して施術したいます。

え?根元ギリギリからやってくれないと勿体ない。と思われるかもしれませんが根元ギリギリから薬剤を塗布していい事なんて全くありません。

根折れ、必要なボリュームを奪う、前髪が浮くなどあらゆる縮毛矯正の失敗に繋がる恐れがありますので根元から2センチ空けての薬剤塗布が一番効果的と思います。

縮毛矯正の失敗を防ぐ薬剤放置時間とは?

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

塗り終われば薬剤の放置タイムに入りますがここでも放置タイムの選定が入ります。長く放置し過ぎてしまえばただ単に毛髪に負担をかけただけになってしまうのでおすすめしません。ここでも確かな毛髪診断力が問われる場面であります。

縮毛矯正の失敗を防ぐ1剤のお流し

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

当たり前ですが1剤をしっかり流し切らないと確実に縮毛矯正の失敗に繋がります。

ここで1剤のお流しに効果的な軽めのシャンプー剤を使って薬剤を綺麗に流しながらシャンプー剤の中の栄養分を毛髪内部に入れていきます。次のアイロン工程に耐えくれるような毛髪コンディションにもっていくイメージですね。

縮毛矯正の失敗を防ぐアイロン工程

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

縮毛矯正の失敗や仕上がりに大きく関わってくるのがアイロン工程です。

  • どれくらいの温度で施術するのか?
  • どれくらいのアイロンスルースピードで施術していくのか?
  • どんなアイロンを使用するのか?

などなど各美容師さんも拘りの多い部分でもあります。

ではドランではどう施術しているかと言うとまずはアイロン工程の前に薬剤を塗布していきます。

リケラエマルジョン

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

こちらの薬剤はアイロン工程の前に塗布しておくとアイロンによる熱で毛髪内部が固まってしまうのを防いでくれます。

又縮毛矯正特有の硬い仕上がりではなく柔らかいモチっとした仕上がりになります。

ヘアアイロン

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

ドランではこちらのヘアアイロンを使用しております。低温から230度の高温まであがる事が可能なヘアアイロンであり又バイブレーション機能がついております。

このバイブレーション機能がついている事により一点に熱を集中させないでアイロン工程が可能です。

ノンアイロン矯正

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

特にハイダメージ毛の方はアイロンの使用による熱の負担に耐えれません。その場合特殊なブロー技術によって縮毛矯正をしていく場合があります。

この特殊ブローをしてから低温のアイロンで最後熱入れを行うとびっくりするほどしなやかな仕上がりになります。

*普通の縮毛矯正より別途で料金が発生します。

縮毛矯正の失敗を防ぐ2剤の塗布とデトックス

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

ではアイロン施術が終了しました。これでひと段落。。なんて思ってはいけません。最後の砦の2剤塗布とそのデトックスが残っております。

1剤は非常に強い薬剤なので2剤は…っと思っている方も多いですが2剤も非常に危険な薬剤です。

仮に薬剤デトックスを行わなくて終わってしまっては1剤の成分2剤の成分は2週間程毛髪内部にのこります。

また2剤は酸化剤なので2週間も髪の毛の中に残してしまうと酸化が進んでいき頭皮、毛髪の老化の原因となります。

せっかく縮毛矯正をかけて綺麗になった毛髪でもデトックスをしないと後々に大変な事になります。

デトックスしていない毛髪としている毛髪を一年間で比べると非常に差を感じます。

なので絶対に縮毛矯正後は薬剤デトックスを行いましょう。

縮毛矯正失敗を防ぐための工夫をした縮毛矯正の仕上がり

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

では仕上がりを見ていきましょう。

うむ。素晴らしく綺麗になっております。もちろん見た目も綺麗なのですが実際の毛髪の質感はかなりしなやかに仕上がっております。縮毛矯正特有の硬さは微塵も感じません。

縮毛矯正をかける前Before

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

縮毛矯正をかけてた後Afore

今回のお客様は半年に一回にこのドランの縮毛矯正を受けてくださります。

なのでいつも全く縮毛矯正をかけていない半年分の新生毛と前回も縮毛矯正をかけた部分が残っている状態です。

ヘアカラーなどはされていないのでヘアダメージは少ないですがそれでも半年周期で縮毛矯正をかけさせて頂いているので注意が必要です。

今回も綺麗に仕上がり本当によかったです。

縮毛矯正のボブスタイル特集も記事にしておりますのでボブスタイルの方は必見です。⬇⬇

➡縮毛矯正をかけたボブスタイル完全解説はこれだ!!!

まとめ

いかがでしたか?

縮毛矯正の失敗を防ぐ方法とは?DRAN(ドラン)流縮毛矯正をご紹介

今回は実際にドランのお客様にご協力頂いて施術前から施術後まで写真を撮らせてもらいました。

縮毛矯正の失敗は非常に怖いです。最悪のケースも考えられます。

もっと沢山の失敗や改善策が知りたい方はこちらの記事もお読みください。⬇⬇

➡縮毛矯正の失敗の原因はこれだ!!!改善策までご提案

なのでドランは失敗をしないマニュアルを徹底しスタッフ全員の技術クオリティーを高い基準で統一化しております。

ドランスタッフ誰が施術しても問題なくこの仕上がりが演出されるでしょう。

安心して施術をお受けください。

又すでに縮毛矯正を失敗された方もいるかとおもいます。お直しできるものとできないものがありますのでそういったお悩みをお待ちの方は是非一度ご相談ください。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA