LINEで質問&予約↓

友だち追加

紫外線を浴びると髪が茶色になる?その原因と対策を解説!!!

今回は髪の紫外線問題でも1、2を争う紫外線による髪の退色についてです。夏場になったら髪が茶色く、赤茶色になってきた。そんな悩みを持つ人にはぴったりな記事なのではないでしょうか?又そうならない為にもしっかりと対策まで理解されて取り組むといいでしょう。髪の毛は一度ダメージしてしまったらもぅ元には戻らないのでしっかりとした対策が大切です。では紫外線で髪が茶色く退色しない為にも必見です。

 

 

紫外線を受けた場合の髪と肌の違い

紫外線予防、紫外線予防とよくお肌に日焼け止めクリームを塗る方が多くおられますね。

確かに紫外線は肌にはかなり悪いです。

紫外線には

  • UV-A
  • UV-B
  • UV-C

とがあり全体の95%がUV-Aだと言われています。お肌にとってはこのUV-Aはシワやたるみなどの老化の原因となります。

これってつまり酸化するという事ですね。

しかし本当に悪いのはたった5%しか地上に降り注がないUV-B。

UV-Aと比べたらその有毒性は高くおよそ100~1000倍近くUV-Bの方が悪影響を及ぼすみたいですね。

ちなみにUV-Cに至ってはオゾン層によって地上には降り注いできません。

なので皆様お肌に日焼け止めクリームを塗るのですが果たして髪の毛はいかがでしょうか?

髪の毛と言うものは死滅細胞なのです。髪の毛を切っても痛くありませんよね?

これは元々死んでいる細胞だからです。

だから一度ヘアダメージを与えてしまうとそのダメージを回復させてあげる事は決してできません。

今は美容師さんの技術も進歩してトリートメントや髪質改善メニューなどで修復したかのように見せれる事は可能ですが基本的には一度ダメージした毛髪は元には戻りません。

しかしお肌はどうでしょうか?

そぅお肌は再生する事が可能です。だからと言って紫外線対策しなくてもいいでしょう?っと言っているわけではなくてお肌も大切ですが毛髪もちゃんと紫外線対策をした方がいいと言う事です。

気がつけばパサパサに乾燥する毛髪になってしまった。なんて事では取り返しがつきませんから。

髪が紫外線で茶色になる理由とは?

紫外線02

では一度痛んでしまった毛髪は元には戻らない事がわかりました。だからダメージさせないために紫外線対策!っとなるのですがそれでも紫外線対策ってそんなに簡単ではありません。UV-Aは部屋の中に居ても窓ガラスを貫通して室内に入り髪の毛の奥底までダメージさせてしまいます。

UV-Bは窓ガラスは貫通できずにシャットダウンできるのですがそれでも外にでないわけにもいきません。

そしてこのUV-Bが何より髪の毛を茶色に退色させてしまう1番の理由なのです。

では紫外線を浴びた髪の毛がどうなるのか?っと言いますと髪の毛は紫外線を浴びるとシスティン酸という物質を生成します。

すると髪はみるみる酸化していきます。

酸化=老化なので髪の毛及び頭皮にはかなり悪影響ですね。最悪薄毛や白髪の原因になってしまいます。

システィン酸は毛髪内部のS-S結合と呼ばれる髪の毛の形を担っている結合を切り離してしまいます。

(パーマの1液を塗布している時と同じ現象が毛髪内部で起きています。)
こうなると髪の毛のキューティクルが剥がれおちてきてしまいます。

枝毛、切れ毛の原因に繋がるのはもちろんいよいよ髪の毛の色まで茶色に退色させてしまいます。

キューティクルが剥がれると毛髪内部のメラニン色素まで紫外線は破壊していきます。

髪の毛が茶色くなる明確な理由としてはこのメラニン色素の破壊が1番の理由ですが最早それだけではないですね。

少しまとめてみると…

  1. 紫外線を浴びるとシスティン酸が生成される
  2. システィン酸が生成されるとS-S結合の結合が切られる
  3. S-S結合が切れると毛髪表面のキューティクルが剥がれだす。
  4. キューティクルが剥がれると毛髪内部がむき出しになっている状態なので中にあるメラニン色素が破壊される
  5. メラニン色素が破壊されてしまえば髪の毛色自体が茶色や赤茶色に退色してしまう。

っと言ったところですね。

すぐに茶色く退色するわけではなく順番がありますがこれで紫外線で髪が茶色くなる理由がわかったでしょうか?

又上記にも記載したように髪の毛が茶色くなるだけではなくハリ、コシがなくなる、枝毛、切れ毛に繋がる。

そうなると髪の毛の艶はなくなる。っと全てに関係してきますね。

なので紫外線対策はかなり大切だと思われます。

紫外線を浴びない工夫

紫外線

では紫外線を少しでも予防すべくなるべく浴びない工夫と言えば⬇︎⬇︎

  • 帽子をかぶる
  • 日傘をさす
  • 髪を紫外線から守るヘアスプレーを使用する
  • 髪を紫外線から守るトリートメントを使用する

などこれらの事をしっかり行えば外に出てもかなりの紫外線予防となるでしょう。

紫外線対策に帽子をかぶる

紫外線は帽子でもかなり防げてくれます。

つばのなるべく広いものを使用したりしてなるべく広範囲にカバーできるものが適しているかと思います。

しかしここで重要なのが帽子の色。

色は絶対に黒がオススメです。黒色は紫外線を通さないお色第1位だからです。

その威力は紫外線透過率が10%ほどでありその反対の白色でしたらその数値は65%まであがるみたいです。

少しお色を違えただけでも大惨事ですね。

又黒色の次に紺、赤、青と紫外線予防に適しているお色みたいなのでがオススメはあくまで黒色ですが紺も視野に入れてもいいかもしれません。

紫外線予防に日傘をさす

次は日傘で紫外線予防できるのか?っと言いますとこれも帽子同様紫外線対策になります。
が実は普通の雨傘でも紫外線予防はできているみたいなのです。

雨傘は通常撥水加工されていますね。その撥水加工フッ素というものを使用するのですがこのフッ素が紫外線をカットしてくれます。

しかも雨傘でもその紫外線予防率は驚きの90%との事。

じゃ雨傘でいいじゃないか。っとなるのですが紫外線は90%カットできても残りの10%でかなり身体に悪影響を及ぼすみたいなのです。

もっと言えば日傘でも99%紫外線カットと謳われて販売されているものもありますが1%でも通すようならダメみたいですね。

それほど紫外線は身体に悪影響という事です。

日傘でも100%カットのものがありますのでそちらをオススメ致します。

又100%カットの日傘でも日傘の色にも要注意です。実は大事なのは表面の色より日傘本体の内側のお色が重要であります。

アスファルトの照り返しが10%ほどと言われているので日傘の内側のお色はやはり帽子と同じく黒色をオススメ致します。

しかし上記でも記載したようにアスファルトの照り返しがあれば日傘だけでは全然防げてないのと同じです。

なので帽子&日傘をさしてやはり体本体に紫外線対策を行わないといけないと言う事ですね。

髪を紫外線から守るヘアスプレー

帽子、日傘では完全に予防できない事がわかりました。やはり身体を直接カバーできるものがいいのです。

では髪の毛をカバーできる紫外線対策と言えばスプレータイプ、もしくはトリートメントタイプがありますね。

スプレータイプに関しましては別記事で詳しく記載しておりますのでそちらをご覧ください。

➡️髪を紫外線から守る!!対策するオススメスプレーとは?

で詳しく記載しておりますのでそちらをご覧ください。

又その記事内でもSPF50PA++++などの表記について少し触れていますが『SPF』がUV-Bをカットする数値として使われております。この場合50なので現在認定されている中でのマックス値とされています。

そしてPAがUV-Aをカットする値として使われており後ろについてある++++がその強さになっております。

+は4段階まであり、1つより2つ、2つより3つ、3つより4つの方がUV-Aのカット率はあがるものとされています。

その他にもSPF表記のあるものはあくまでお肌に対してどれだけ紫外線をカットできるのか?を数値化したものであります。

なので当然お肌にも使用可能と言う事になります。

*一部お肌に使うと不快な感触があるものもありますので一応使われる時は注意書きをしっかり読みましょう。(お肌に塗ってもいいという意味ではなくてもしお肌についても大丈夫ですよ。っという意味でSPF表記がある場合があるという事。

髪を紫外線から守るヘアトリートメント

では最後はヘアトリートメントですね。こちらも近年ではUV効果のある洗い流さないトリートメントが色々と販売されております。

ヘアケアとUVケアができるなんて本当に優れものですね。しかしUV効果だけを突き詰めたUVスプレーの方がしっかり紫外線対策をしてくれるイメージですね。やはり混ぜると成分も薄まるのかと思います。

その記事に関しては又別記事にて詳しく記載しておりますので是非髪を紫外線から守るヘアトリートメントを詳しく知りたい方はそちらをご覧ください⬇︎⬇︎

➡️Coming Soon

洗い流さないトリートメントもスプレータイプのUVカットと同じでSPFの表記がありますがこちらは髪の毛以外にはあまり使用しない方がいいでしょう。

トリートメントにUVカット機能を+した感覚なのであくまで髪の毛に使いましょう。あくまでこの場合のSPFの表記はお肌に付着しても大丈夫ですよ。っと言う意味になります。

まとめ

いかがでしょうか?

紫外線を浴びると髪が茶色になる?その理由と対策を解説
紫外線は5月〜9月に最も強く振り注ぐと言われています。なのでその季節までにしっかりと対策を理解し準備されるといいですね。紫外線はかなり身体に悪影響ですが本人の努力しだいでは本当に限りなくカットできます。まずはどれくらい危険なものであってどんな事になるのか?をしっかり理解してどんな対策を練ればいいのか?どんな物を使用すればいいのか?

をわかった上で行動に移されるといいかと思います。

そこの理解度が低ければ低いほど対策グッズを揃えてもなかなか続きませんので。
では紫外線予防をしっかりして夏の季節をしっかり楽しみましょう。

contact

気になることや、ご質問などございましたら
LINEにてドシドシご連絡ください!
あなたのご質問が我々の美容技術をより向上させてくれます。
またLINEでのご予約も承っています。その場合は
氏名、メニュー、ご希望時間を添えてご連絡下さい。
友だち追加

ネット予約もお待ちしております!


プロフィール

DRAN HAIR(ドラン ヘアー)

〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-9-2
JR・地下鉄/森ノ宮駅徒歩3分

☎→06-6809-3783

【受付時間】

平日11:00~19:00(カラー・パーマ/19:00)

土日祝9:00~18:00(カラー・パーマ/17:00)

【定休日】

毎週月曜日,第2・3火曜日

スタイリスト全員がコンテスト受賞歴のある本格サロン。
パーソナルカラーアドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍しており、
その人にあった色、スタイルを理論的に分析しご提案します。
それを形にするために髪質改善による髪のお悩みを解決し
その人に合ったスタイルをご提供します。
うねる髪の毛、広がる髪の毛、ダメージが大きくてどうしようもない毛髪でお悩みのお客様はぜひ一度ご相談ください。

パーソナルカラー 診断。解説から問診まで

パーソナルカラー診断実践編

コメントを残す

CAPTCHA